関西初の注入専門クリニック TKCビューティホームクリニック(大阪・心斎橋)のPRP療法

prp_mv

自分の血液成分で、
若いころの肌に甦らせる
「PRP療法」

PRP療法は、ご自身の血液から濃縮された血小板だけを抽出し、それをお肌に注入する治療法です。
血小板が持つ、細胞の修復、再生作用により、肌自体を若返らせるアンチエイジング法です。これまでのPRPキットよりも濃度の濃いPRPが抽出できて、効果もアップしました。さらにPRP療法は、お顔だけではなく、首や手の甲などお肌の老化を感じやすい部分など、どの部分にも治療が可能です。確かな美肌効果を得られることから韓国ではシェアNO.1の治療法です。

再生医療等提供計画届出が受理されました。
当院では皆様に安心して受けて頂けるPRP療法の提供を行っております。

PRP療法でこのような効果が
期待できます!

■目の周り・鼻横目の下の小じわに効果的で、肌のキメも整うため透明感もアップします。お肌にハリも生まれるため、毛穴引き締め効果も!

■額細胞の修復作用により、額のしわも改善され、潤いのある、なめらかな額に。

■頬・口元キメが整い、肌に潤いが出てきます。肌自体の細胞が修復されるため、ほうれい線も浅くなります。

■首ハリやツヤがある美しい首元は、ほどよい色気と女性らしさを演出してくれます。フレッシュな印象を取り戻すことができます。

プロシスPRPキットと他のPRPキットの違い

当院ではプロシスPRPキットを導入しています。プロシスPRPキットは血小板の分離・濃縮が正確で安定しており、高濃度のPRPと白血球成分を抽出できることがポイントです。また、赤血球成分をしっかり除去できるため、内出血のリスクも少ない利点もあります。それなのにこれまでのPRPキットよりも非常にリーズナブルで、皆様に治療を受けていただきやすくなりました。PRPの効果が弱まる前に継続して行うことで、常に肌再生を行い、若々しいお肌を保ち続けることができるのでオススメです。当院では、半年ごとのサイクルで治療を受けられることを推奨しています。

リスク・痛み・
ダウンタイムについて

リスクダウンタイム
リスクダウンタイム
  • 注射時の痛み

    針は髪の毛ほどの非常に細い針を使用いたします。痛みだけでなく内出血のリスクも軽減できます。まだそれでも耐えられない方のために麻酔クリームもご用意しており、必要あればクーリング(冷却)も行いますので、ほとんど痛みを気にすることなく施術を受けられます。

      
  • 注射時の痛み・内出血

    水光注射で使用する「ダーマシャイン)」を使用し、ドクターの手打ちで行う時よりも、痛み・内出血を抑え、ダウンタイムなく治療を受けていただくことができます。

    ※オプション料金  ダーマシャイン ¥10,000

      
リスクダウンタイム
リスクダウンタイム

腫れ

注射器を使用する治療のため、稀に、腫れ、赤みが発生してしまうケースがございます。
ただし、ほとんどの場合2~3日で腫れ、赤みは引いていきます。

痛み

注入をした、数秒後から、その部分にジンジンと軽い痛みに似た感覚が現れることがございますが、その感覚はすぐに治まります。

内出血

腫れと同様、注射器を使用する治療のため、針の挿入時に皮膚の毛細血管にあたってしまうことで内出血が発生してしまいます。ただし、内出血が生じた場合でもコンシーラーで隠せる程度です。個人差にもよりますが、1週間〜10日前後で内出血による赤みは消失いたします。

治療当日は下記に注意して
お過ごしください

シャワー

シャワー

治療当日から可能です。ただし、治療当日は腫れやすい状態のため、長時間の熱めのシャワーは体が温まることで腫れてしまうリスクもありますので、当日はお控えください。

洗顔

洗顔

治療当日から可能です。ただし腫れる危険性がありますので、患部を必要以上にゴシゴシしないようにしてください。

入浴

入浴

治療当日から可能ですが、腫れやすい状態のため、当日は軽めの入浴やシャワー程度にしておいた方が良いでしょう。サウナや岩盤浴も当日はお控えください。

飲酒

飲酒

アルコールを摂取することで、体内の血行が良くなるため腫れや内出血を起こすリスクがあります。症状の悪化を防ぐためにも治療当日はお控えください。翌日からは可能です。

お化粧

お化粧

治療当日から可能ですが、特に必要がなければ翌日からが望ましいです。お化粧の際も患部を必要以上にこすったりせず、治療後1〜2時間は肌を休ませてからにしてください。

運動

運動

当日は体内の血行が高まるため、当日は腫れ・内出血のリスクがありますので、激しい運動は避けたほうが良いでしょう。軽いウォーキング程度であれば問題ありませんが、翌日以降が望ましいです。

プール

プール

治療当日は軽い水中ウォーキング程度であれば問題ありませんが、激しい水泳は体内の血行が高まり腫れや内出血を起こすリスクを高めることになりますので、お控えください。翌日からは可能です。

日焼け

日焼け

治療後最低2週間は日焼け、厳寒など肌に強い刺激を与えることは避けてください。お出かけの際は日焼け止めや防寒対策を行い、お肌をしっかり守ってください。

料金

PRP療法 1回 ¥60,000

※表示価格は税別です。

美容お役立ち情報ブログ - PRP療法一覧はこちら -

関西初の注入治療専門クリニック TKCビューティホームクリニック