水光注射のダウンタイムについて - TKCビューティホームクリニック(大阪・心斎橋)

スタッフブログ

美容お役立ちBlog TKCビューティークリニックの院長がお届け!
2017/03/30

水光注射のダウンタイムについて

ダウンタイムの少ない美肌治療として有名なTKCの水光注射(ダーマシャイン)ですが、実際に受けようと思うと、本当のところが気になりませんか!

 

この季節は水光注射(ダーマシャイン)をご希望の方が大変多いので、ダウンタイムについてご紹介したいと思います。

 

水光注射ダウンタイム

この症例写真は、直後数分も経たない肌の様子です。 そして、ダウンタイムが目立っているケースです。

 

赤い点々は、針跡です。通常であれば 施術をしている最中から多くの針跡は消失し、ところどころ数か所だけ 赤い点々が残ります。
お会計をする頃には、赤い点々はかなり少なくなっていて目立ちません。

 

一般的には本当にダウンタイムの少ない治療なのですが、この症例写真の方のように赤みが残りやすい場合、 赤みが出やすい場合があります。(肌のタイプなどが関係しています)
また、美肌効果を高めたいという理由で積極的な治療を行う場合も、深くまで注射をしまうので、直後の赤みが目立ちます。

 

他にも、内出血や痛みもあります。

 

内出血が出たとしても 小さな(小指の先程度)サイズの場合が多く、また、色も薄い灰色、黄色 などが多いように思われます。

 

痛みは、施術中のみの痛みです。 麻酔クリームでかなり緩和されますが、痛みに敏感な方はどうしても苦痛を感じる場合もあるようです。
当院では、痛みに弱い方には冷やしながら施術することを徹底しています!
冷やすことで、かなり痛みが軽減され 苦痛が最小限になりますよ。

 

 

 

よくある質問で、
「ほかのクリニックでは、水光注射の後のメイクはNGと言われました」というのがあります。

 

 

TKCビューティーホームクリニックでは、無条件でメイクOKというわけではなくメイクをしたい方のために、ひと工夫しています。

メイクがNGの理由は、針跡が閉じる前にファンデーションなどを塗ると、炎症の原因になってしまう可能性がある からです。
お肌を健康にするための水光注射なのに、施術直後にメイクして炎症が起きたのでは 何のためのケアなのかわからなくなってしまいますからね。

 

細かい粒子が針跡に入り込まないためのお薬を塗って、リスクを回避しています。
なので、当院では水光注射の直後でもメイクがOK
なのです。

 

どんな治療にも、大なり小なり、ダウンタイムがあります。
そして、大きかろうが小さかろうが 気になる度合いにも個人差があります。
小さな内出血でも、困る方もいらっしゃいます。
一つの針跡でも、嫌な方もいらっしゃいます。

 

受けた後に困った・・・。やらなきゃよかった。
と後悔していただきたくないので、どんなに細かいこともお伝えしています。

 

治療についてたくさんの説明があって、ダウンタイムの話もあって、肝心なことが記憶に残っていない ということがないように、事務的な説明ではなく、しっかりと丁寧に説明をさせていただいています。

 

とても大事な時間です。

 

できるだけ、短時間で説明ができるように、分かりやすい説明になるように工夫を重ねておりますが、きっと万全ではありません。 まだまだたくさん改良の余地があると思っています。

 

皆さまの声が、もっと良いクリニックになるヒントになりますので、お気づきの点がありましたら、なんでも教えてください。よろしくお願いいたします!

 

最後に、水光注射が全て同じような経過だったり効果だったりではありません。
・どのタイプのマシンを用いているか、
・どのようなやり方をしているか、
・使用する有効成分
・施術前後のフォローの有無
クリニックによって差がある理由です。

 

数年前は、海外で行う水光注射で大きなダウンタイムがあったりして かなり困られていた方も多くいらっしゃいました。

 

同じ名前の治療でも、料金が異なるように経過も異なる場合もありますので、事前にしっかりクリニックに問い合わせをしてくださいね。

関西初の注入治療専門クリニック TKCビューティホームクリニック