スタッフブログ

美容お役立ちBlog TKCビューティークリニックの院長がお届け!
2019/10/09

鼻を高くする!スレッド治療がおすすめです。

鼻を高くするプチ整形と言えばヒアルロン酸が有名でしたが、今は糸を使ったスレッドでの治療が主流です。

 

糸でどうやって鼻を高くすることができるんだろう?と不思議に思われる方も多いので、モニターさんの治療症例写真などを紹介しながら簡単に説明をさせていただきます。

 

 

まずはモニターさんの治療症例写真をご覧いただきましょう!

1

治療名:ウルトラVノーズ(糸による鼻の形成術)4本使用 治療費:80,000円(税別)*1本20,000円(税別)

方法:鼻先から糸を挿入します。アジア人の鼻に合ったサイズの医療用の溶ける糸(PCLという素材で一般的な外科手術で用いられる糸と同じ素材です)を用い、使用する本数はご希望によって変わります。

効果と持続期間:鼻筋を立てたり、鼻先を尖らせてシャープに見せたりという変化があります。挿入した糸は、2年程度の年月をかけて少しずつ吸収されます。

*挿入部の痛みや、内出血、腫れ感などのダウンタイムの可能性があります。

*治療後に左右差を感じる場合があります。

*稀に、鼻先の挿入部から糸先が出てくる場合があります。その場合はご来院頂きましたら先端をカットし解決となります。万が一、糸が出ているかもと思われたら必ずクリニックへご連絡ください。ご自身の判断で引っ張ったり切ったり放置したりなどはおやめください。」

 

ウルトラVノーズという鼻のスレッド治療です。

スレッド(糸)治療には、鼻の治療以外にリフトアップ治療もありますよ。

どちらも糸を使った治療です。

 

 

鼻先から糸を鼻筋に沿って挿入します。

痛みを感じにくいように、局所麻酔を用います。ご希望や目的に合った本数を選んで挿入するのですが、上の写真のモニターさんは4本挿入しています。

 

リフトアップ治療と同じ要領で鼻を全体的に引き上げることで鼻に高さを出します。

鼻の高さはあるけれど、鼻筋がないというお悩みの方にもおすすめですし、小鼻の大きさを気にされている方にもおすすめです。

 

ヒアルロン酸注入で行う鼻のプチ整形よりも幅広い鼻の悩みに対応ができるのがスレッド(糸)治療です。

外科的な手術で行う隆鼻術よりも派手な高さを出すことはできませんが、ヒアルロン酸注入よりもスッキリとした高さを出すことが出来るように思います。目立つ小鼻をスッキリ見せたいと思われる方にも鼻のスレッド(糸)治療はご好評です。

 

ヒアルロン酸注入はボリュームアップが得意な治療なので人気のある注入治療なのですが、注入技術やセンスなどが高くないと満足する結果が得られにくい場合が多く、鼻のヒアルロン酸注入で鼻筋が太くなったとか、鼻根部(鼻の付け根部分)だけが太くなり映画のアバターみたいに不自然になったなど結果に悩まれている方も多くいらっしゃったように思います(他院での修正のご相談を多くいただいていました)

 

また、小鼻の大きさを気にされている方にはヒアルロン酸注入は最適な方法にならない場合が多く、スレッド(糸)治療がない頃はお断りをすることが多くありました。

 

 

最近はスレッド(糸)の種類も豊富になり、よりよい鼻用のスレッド(糸)を選ぶことが出来るようになりました。

ヒアルロン酸注入に伴うリスクの1つに、万が一血管に間違ってヒアルロン酸を詰まらせてしまった場合、周辺の皮膚が死んでしうというトラブルがあります。だからこそ、顔の解剖学をしっかりと理解し把握して慎重に治療を行い、万が一を最小限にする努力を行っています。また、万が一に備えた対策も行っています。しかし、鼻は万が一の可能性が起こりやすい箇所ということが言われています。どんなに注意をして治療を行っても、避けられない可能性も考えておかなければいけません。鼻のヒアルロン酸を受ける方の全ての顔の血管が教科書通りの位置にあるとは限りませんので、ヒアルロン酸以外の方法で鼻の高さを出す方法があるのであれば、安全性の高い治療をおすすめしたいと思い、今はスレッド(糸)を用いて鼻の治療をご案内しています。

 

 

少し怖い話になりましたが、簡単な治療、プチ整形と言われるものも医療です。リスクのない治療はありません。

TKCビューティホームクリニックでは、治療に関するメリットはもちろんですがデメリットやリスクも包み隠さず事前に分かりやすく説明をしています。

 

 

 

治療後の様子を少しご紹介します。

これは、種類の違うスレッド(糸)で鼻を高くしたモニターさんの直後写真です。

2

鼻先に赤い点がありますが、これが糸を入れた部分になります。

 

正面からみると分かり難いのですが、直後は赤みが少し残っていますのでファンデーションやコンシーラーで隠していただいても結構です。

 

 

スレッド(糸)治療と聞くと、痛そう!治療後は腫れるの?と不安をお持ちの方もいらっしゃいますが、ヒアルロン酸注入とそう大きな違いはありません。

ヒアルロン酸注入では行わない局所麻酔を行ったりはしますが、直後に大きな目立つ内出血や腫れがでられることも殆どありません。

 

ヒアルロン酸で行う鼻の治療よりも治療効果や安全性の面で優れているので、どんどん人気がでてきています。

 

注入治療専門のTKCビューティホームクリニックでは、スレッド(糸)治療も専門的に行っています。

鼻の治療もTKCビューティホームクリニックにお任せください!診察のご予約お待ちしております。

 

関西初の注入治療専門クリニック TKCビューティホームクリニック