関西初の注入専門クリニック TKCビューティホームクリニック(大阪・心斎橋)のベビーコラーゲン注射

babycollagen_mv

ヒアルロン酸やボトックスでは改善できない、
目元や口元の細かいしわを改善して、
ツルンとした「赤ちゃん肌」に!

お肌の約70%はコラーゲンで構成されており、Ⅰ型、Ⅱ型、Ⅲ型と分類されています。一般的に呼ばれるコラーゲンはⅠ型を指す場合がほとんどですが、近年、Ⅲ型コラーゲンの持つ再生能力が注目され始め、特に肌のアンチエイジング効果が最も大きく、みずみずしさと弾力、はりを保ち健康な肌に導く作用があります。
このⅢ型コラーゲンを「ベビーコラーゲン」と呼び、その名のとおり赤ちゃんの時に大量に生成されますが、25歳前後で減少の一途をたどります。
生まれたばかりの時はⅢ型コラーゲンの割合が約18~50%なのに対し、成人の真皮では5%未満に減少してしまうと言われています。年齢とともに肌のツヤや弾力が失われ、肌荒れしやすくなったり、傷の治りが遅くなったりするのも、このⅢ型コラーゲンの減少が原因だと言われています。
従来のヒトコラーゲン注入剤は、Ⅰ型:Ⅲ型が95:5の割合で配合されているのに対し、ベビーコラーゲン注入剤は、50:50で配合されており、Ⅲ型コラーゲンがたっぷり入った唯一の注入剤なのです。

ベビーコラーゲン注射でこのような効果が
期待できます!

■目の周り目の周りのちりめんじわや目の下のクマなどの皮膚の薄いところも、瑞々しく滑らかに仕上がります。

■額・鼻根額や鼻根部の細かい横しわも、自然な形で解消するため表情に若々しさが戻ります。

■頬・口元頬の細かいしわや、口元の小じわも、まるで赤ちゃんのようなふっくらとした質感のお肌に。

■首小じわのない美しい首元は、ほどよい色気と女性らしさを演出し、フレッシュな印象を取り戻すことができます。

ヒアルロン酸注射とベビーコラーゲン注射の違い

ベビーコラーゲン注射はヒアルロン酸注射と比べると、お肌を持ち上げる力は少ないので、ほうれい線などの深く刻まれたしわを埋めたり、頬にボリュームを出すなど、ある程度造形が必要な治療には向いていません。
一方でヒアルロン酸注射では凸凹になりがちな目元のちりめんじわなどの浅いしわに対してはベビーコラーゲン注射が絶大な効果を発揮します。ヒト由来のコラーゲンのためアレルギーの心配もなく、お肌自体の再生能力を高めるため、ハリがあって瑞々しく、赤ちゃんのようなふっくらとした質感が自然な形で生まれます。
ヒアルロン酸だけでなくボトックスやPRP療法、水光注射などでもなかなか改善しなかった細かいしわやちりめんじわにお悩みの方にはおすすめの注射です。

症例写真

◆正面

◆顔右半面

◆顔左半面

目の下に刻まれた多くの小じわや鼻横のしわが改善し、
お肌全体がツヤとはりのある「ツルツル肌」に!

リスク・痛み・
ダウンタイムについて

リスクダウンタイム
リスクダウンタイム
  • 注射時の痛み

    針は髪の毛ほどの非常に細い針を使用いたします。痛みだけでなく内出血のリスクも軽減できます。まだそれでも耐えられない方のために麻酔クリームもご用意しており、必要あればクーリング(冷却)も行いますので、ほとんど痛みを気にすることなく施術を受けられます。

      
リスクダウンタイム
リスクダウンタイム

腫れ

注射器を使用する治療のため、稀に、腫れ、赤みが発生してしまうケースがございます。
ただし、ほとんどの場合2~3日で腫れ、赤みは引いていきます。

痛み

注入をした、数秒後から、その部分にジンジンと軽い痛みに似た感覚が現れることがございますが、その感覚はすぐに治まります。

内出血

腫れと同様、注射器を使用する治療のため、針の挿入時に皮膚の毛細血管にあたってしまうことで内出血が発生してしまいます。ただし、内出血が生じた場合でもコンシーラーで隠せる程度です。個人差にもよりますが、1週間〜10日前後で内出血による赤みは消失いたします。

料金

ベビーコラーゲン注射 0.5ml ¥100,000
1.0ml ¥185,000

※表示価格は税別です。

美容お役立ち情報ブログ - ベビーコラーゲン注射一覧はこちら -

関西初の注入治療専門クリニック TKCビューティホームクリニック