スタッフブログ

美容お役立ちBlog TKCビューティークリニックの院長がお届け!
2018/04/29

これで安心!ワキ汗の悩みも注入治療で解決できます。

シワ治療で有名なボトックス注射ですが、ワキ汗の悩みにも効果を発揮しています。

 

ワキの汗シミ、ニオイにお悩みの方は、ぜひご検討ください。

とても簡単な注射でできる多汗症や腋臭症の治療法です。

 

 

 

治療風景です。

スタッフ ワキボトックス注射

ピンク色の印は、注射を行う位置を決めた印です。デザインと言ったりもします。

そして、注射です。

 

 

片方のワキに10ヶ所程度の注射を行います。1回1回の痛みは大きくなくても、チクチクと続く痛みを苦痛と感じる場合もあるので、塗る麻酔で痛みを緩和させ、更に冷やしながら注射を行います。

なので、注射が苦手な方でも 楽に治療を受けることができますよ。

 

 

ボトックス注射で行う多汗症治療は、とっても簡単です。

 

診察後に痛み緩和目的の麻酔クリームを塗り、30分ほど待機していただき、その後注射を行います。診察から注射終了まで1時間程度の治療なのです。

そして、注射のチクチク痛み以外の痛みやダウンタイムという、治療に伴うデメリットががほとんどなく、注射による内出血が出た場合もワキという部位のため気にならない方が殆どで、とても気楽に受けていただいています。

 

外科的な手術の後にある、入浴や運動制限などもありませんし、傷痕もありません。

 

 

注射による針跡の赤みは、数時間~数日で消失します。

注射による内出血は、数日~2週間程度で消失します。

治療後の痛みはありません。

治療後24時間は、注射をした部位(ワキ)のマッサージは禁止です。

治療効果は、注射1~2週間後より実感でき、数ヶ月持続します。

 

ボトックス注射は、一度行って一生効果が持続する治療ではありません。注射から3~4ヶ月後より、少しずつ効果が薄れ始めます。汗の量やニオイを感じるのは個人差があるため、きっちりした効果の持続期間を明記することはできませんが、しっかりケアしたい方は一年に2~3回受けていらっしゃいます。

 

汗の量の多い夏だけ、ワキ汗を何とかしたいと思われる方は、夏が始まる前に1回受けていただくと、秋頃まではワキ汗の減少を期待していただけますので、1年に1回の治療でOKです。

 

 

 

手術にはない手軽さが人気で、毎年、夏前に決まって治療を受ける方がとても多くいらっしゃいます。

また、男性にも人気がありますよ。ボトックス注射であれば、ワキの毛が治療後に減るということがありません。多汗症の手術をすると、汗腺と一緒に毛根も除去されていることが多いため、ワキの毛が相当無くなってしまいます。このことがネックになり、手術ができずにいらっしゃる男性も多いようですが、ボトックス注射であれば、ワキに注射をするだけなので、ワキ毛が無くなるという心配は無用です。

 

手術同様、ボトックス注射も治療後100%のワキ汗とニオイを無くすことができるわけではありませんが、汗の量は減少します。そして、服にできるワキの汗シミや、気になるワキ汗のニオイの悩みから解放されるので、多くの方に喜んでいただいています。

 

最近はスメルハラスメントという言葉もあり、香水や体臭などのニオイに対しての配慮が必要になってきていますので、治療に来られる方も増えていますよ。

 

気になり始めたらどんどん気になってくるのがニオイです。ニオイを図る道具が身近にありませんので、「自分は大丈夫だろうか?」と不安になる方も増えてきています。

ニオイ対策グッズも多く市販されていますが、制汗剤などは、汗と混ざって新たな別のニオイの元になる原因になったり、ワキの黒ずみや、ワキの毛穴詰まりやニキビの原因になったりしますので、十分注意して使用してください。

 

 

ワキの汗の量やニオイが気になる方は、ぜひ一度ボトックス注射をお試しください!

 

ワキ汗を気にしない快適な夏が待っていますよ。

 

まずは、お電話で診察のご予約をお願い致します。当院は全て完全予約制となっております。ご来院される患者さまのプライバシーにも配慮をし、また、十分な診察や地上時間の確保を行い満足度の高い注入治療を行っています。

 

ご不明なことは診察で何でもご相談ください!

注入治療専門TKCビューティホームクリニックが、皆さまのお悩み解決のお手伝いをいたします。

 

関西初の注入治療専門クリニック TKCビューティホームクリニック