スタッフブログ

美容お役立ちBlog TKCビューティークリニックの院長がお届け!
2016/11/09

どうして眉間にシワができてしまうの?眉間にシワがあると、なぜいけないの?

11月11日は縦ジワの日 だそうです。なので、今月のブログは、シワについて書いていこうと思います。

 

 

縦ジワと言えば、一番に思いつくのが 眉間のシワ

眉間のシワの改善に用いられる治療は、ボトックス注射 ヒアルロン酸 などです。最近では認知度のとても高いアンチエイジング治療ですね!

診察で鏡を見ながら、気になるシワを教えていただく際に、「先生、このシワが気になるんです。私は、ボトックス注射とヒアルロン酸注射のどっちですか?」という質問をよくいただきます。

・ボトックス注射が良い場合
・ボトックス注射とヒアルロン酸の両方の治療が必要な場合
・ヒアルロン酸や糸を使った治療(N-cog、Jリフトなど)が良い場合

どのタイプのシワなのかで、必要な治療が決まります。

 

 

ボトックス注射で治療をするシワは、表情シワ。

この症例写真のように、顔の表情筋を動かしたときにできるシワの治療に用います。表情シワの何がいけないのでしょうか。

 

眉間のシワを例に、表情シワの悪行をご紹介しますね!

 

1.深いシワの原因になる
お肌がぷるぷるで弾力のある頃は、怒った表情をしたとき限定のシワなんですが
肌が乾燥し弾力が低下してくると、こうなります。
眉間に出来始めたシワ
シワを寄せてないのに、線が残ってしまいます。

これが、刻まれてしまったシワです。
放置すると、深いシワに育ちます。
深いシワになると、ボトックス注射とヒアルロン酸の両方の治療が必要になります。

 

2.怒ってないのに怒った顔に、困ってないのに困った顔になる
普通にしているつもりでも、眉間の表情シワを寄せる癖があり、怒ってないのに眉間に縦シワを寄せてしまっている。その結果、不機嫌な印象に。
知らず知らず 癖のように動かしてしまっている方 案外多いんですよ。
・険しい顔でスマホを見ている人
・怒った顔で街を歩いてる人
・いつも不機嫌そうな同僚
こんな方見かけませんか?!
歩きスマホで眉間にシワなど
「主人に、おまえの寝てる顔怖いって言われたんです~」という話も聞きますよ。

 

 

表情シワの改善にボトックス注射が活躍します。

表情シワは、
・深いシワをつくる原因になったり
・不機嫌な印象になったり
女性には嬉しくないことばかりです。

そんな表情シワの改善にボトックス注射が活躍します。

眉間の表情シワのボトックス比較写真
スタッフの症例写真です。治療後1週間程度で、注射の効果がでてきます。

 

◎邪魔な動きをする表情筋の動きを一時的に止めることができます。
◎癖のように、知らず知らずに動かしていた眉間のシワは寄りません。

 

生活をするのに必要な動きは制限しませんので、表情が不自然になることはありません!

 

しかし、こういう方がいらっしゃいます。
自由に動かし放題だった表情筋の動きが制限されるので、ボトックス注射の効果が出始めた1週間目前後くらいに、注射した付近が少し重たいと思われる方もいらっしゃいます。
軽い短期間の違和感の場合は、さほど気にならないのですが、重いな~とストレスになる方には、2回目からはマイクロボトックスという、やり方を変えたボトックス治療をお勧めします。

 

安心して受けていただきたいので、お客様の経過も細かくお伺いして、もっと良い治療を目指しています。
注入専門治療クリニック TKCビューティホームクリニックにしかできない提案がたくさんありますので、注入治療の経験豊富な医師にお気軽にご相談下さい。

 

 

次回は、ほうれい線について!!

関西初の注入治療専門クリニック TKCビューティホームクリニック