エラにボトックスを打つのってよくないの??実際あった失敗例から学ぶ最適な治療法とは?? - TKCビューティホームクリニック(大阪・心斎橋)

スタッフブログ

美容お役立ちBlog TKCビューティークリニックの院長がお届け!
2016/01/18

エラにボトックスを打つのってよくないの??実際あった失敗例から学ぶ最適な治療法とは??

顔の中で「エラが気になる」という方にとって、
ボトックス注射の効果のほどは気になることでしょう。
実際に「ボトックス注射でエラが気にならなくなった」という方もいれば、
「思ったような効果が得られなかった」という方もいらっしゃいます。
しかし、ボトックス注射でエラを治すのに失敗したという方には、理由があります。
失敗例の理由を探り、最適な治療法とは何なのかをお話しします。

 

エラが張る原因はひとつじゃない
あなたのエラは骨?筋肉?

まず「エラ」が張る原因は大きく2つに分かれます。
それは「骨そのものが張り出している」場合と、「筋肉が盛り上がっている」場合です。
ボトックス注射は筋肉に働きかける注射ですから、
そもそも「骨」が理由でエラが張っているという場合、
ボトックス注射で治すことはできません。
また「骨」と「筋肉」両方が原因となっている場合も、
ボトックス注射だけで治すことはできません。
「筋肉が盛り上がっている」ことが理由でエラが張っている方のみ、
ボトックス注射で効果を出すことが可能です。

 

ボトックス注射のメカニズムについては、以下の記事も参考にしてください。

 

▼ボトックス注射がエラに効果的なメカニズムとは??ドクターが徹底解剖
https://tkc-beautyhomeclinic.com/botox/ボトックス注射がエラに効果的なメカニズムとは

 

効果がでなかった理由がわかる!
エラ解消の失敗例

<失敗例その1>
事前のヒアリングが不十分だった
先ほどお話ししたようにボトックス注射でエラを解消する場合、
その理由が「筋肉が盛り上がっている」ことでなくてはいけません。
事前のヒアリングや検査が不十分で、理由が「筋肉」だけではなかった場合、
何度ボトックスを注入しても、思いどおりの結果には結び付きません。

 

<失敗例その2>
信頼できるボトックス製剤かどうか
「ボトックス注射」を行う美容医療機関はさまざまありますが、
調べてみて金額の違いに驚かれたという方も多いのではないでしょうか。
一言で「ボトックス」といっても、
アラガン社のボトックス製剤を使っている場合と
後発品などであるボツリヌストキシン製剤などを使っている場合があります。
後者は安価で扱えますが、その効果には疑問ももたれています。
ボトックスの治療をうける場合は、
厚生労働省認可の「ボトックスビスタ」を使っている病院を
選ぶことも失敗を防ぐひとつの方法です。

 

<失敗例その3>
持続力には限りがある
通常の病院では「ボトックス注射」の持続力には限りがあるので、
効果を持続させるためには定期的にボトックスを
注射する必要があることを伝えているはずです。
しかし中にはその説明が不十分なために、
「注射後3ヶ月たったら、だんだん顔が戻ってしまった」という理由から
「失敗だった」と考える方もいるようです。
説明をきちんと行ってくれる、
信頼できる病院を選ぶことも失敗を防ぐ方法のひとつです。

 

失敗例から学ぶ!
エラ解消の最適な治療法とは

3つの失敗例をお話ししてきました。
これをご覧いただくことで、「最適な治療法」を選ぶポイントがおわかりいただけたでしょうか。
1.    自分自身のエラが張っている原因を調べたうえで治療を行ってくれる病院を選ぶ
2.    厚生労働省認可の「ボトックスビスタ」を使用している病院を選ぶ
3.    事前の説明をしっかり行ってくれる病院を選ぶ
この3つがポイントになります。

 

当クリニックでは、もちろんこの3つをクリアしております。
もしエラのことでお悩みの方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度ご相談ください。
カウンセリングは無料で行っております。
場合によっては必ずしも解消できるとは限りませんが
(原因によってはボトックス注射をおすすめしません)、
まずはお気軽にお問い合わせいただければと思います。

 

ボトックス注射について詳しくはこちら

関西初の注入治療専門クリニック TKCビューティホームクリニック