シワだけじゃない! 小顔治療にも大人気のボトックス。四角い顔から卒業しましょう! - TKCビューティホームクリニック(大阪・心斎橋)

スタッフブログ

美容お役立ちBlog TKCビューティークリニックの院長がお届け!
2016/12/09

シワだけじゃない! 小顔治療にも大人気のボトックス。四角い顔から卒業しましょう!

ボトックスを使った小顔治療と言えばボトックスリフトが有名ですが、他のボトックス治療で小顔になった症例をご紹介します。私も!?と思われる方も多いかもしれませんよ!

 

もともとの顔の大きさに関係なく、「もっと顔が小さくなったらいいのに!」と小顔に憧れている女性はとても多く、私もその一人です。

 

小顔のご相談の際に、ボトックスリフトをしましょう!と一番にお勧めすることはあまりありません。なぜかというと、顔を大きく見せている原因が ボトックスリフトの適応ではないから!

 

顔を大きく見せる原因は、ざっくり分けるとこんな感じです。
・たるみ
・頬や顎の脂肪
・エラの発達し過ぎた筋肉
・バランス(目や鼻、フェイスラインなど)

 

たるみは、肌の弾力がなくなることで起こる症状ですが、頬にあった ふっくらした高さがなくなります。そして下にさがった肌はフェイスラインをたるませ、四角いフェイスラインに変化します。

 

ボトックスリフトは、顔をキューッと引き締める治療です。
軽いたるみがある方にとってもおススメです。

 

 

ボトックスリフト以外の治療で小顔になった症例です。

20代女性
ボトックスリフト以外の治療で小顔になった症例 20代女性

 

凄く顔が小さくなっています。

 

彼女が行った治療は、
・エラと顎にボトックス注射を1回
・頬や顎裏に脂肪分解注射を3回

 

エラのボトックス注射は、発達しすぎて張出した筋肉をリラックスさせます。
注射から1ヶ月くらいで、四角くなっていた輪郭が、もとのスッキリした輪郭に戻っていきます。
エラの筋肉が発達し過ぎている方 とても多いですよ!
スマホを見ている時、テレビを見ている時、ボーっとしてる時、寝ている時など、奥歯を噛みしめていませんか?歯を食いしばっていませんか? エラの筋肉の筋トレしているかもしれません。

 

顔が四角く大きくみえてしまうだけでなく、肩こりや眼精疲労の原因になったりします。
治療後に、「最近 肩こりがマシになった気がする」とか、「歯ぎしりが減ったかも!」などの感想をおっしゃる方もあります。

 

顎のボトックス注射も、エラの場合と同じです。無意識に力を入れている方多いです。
顎の場合は写真を見るとわかりやすいですよ!朗らかな笑顔で写真に写ったつもりでも、なぜか顎の筋肉が緊張して、梅干しのようなシワシワを作っています。
最近、アヒル口で写真を投稿している有名人を見て「あ!この人も顎のボトックス注射適応だわ」と思うことがよくあります。

 

横顔を見ると分かりやすいので、横顔の症例写真を見てみましょう。
ボトックスリフト以外の治療で小顔になった症例 20代女性 横顔

 

治療前の写真は、顎の筋肉が緊張しているせいで、ギュッと固まってしまった結果、三角ラインがなくなってます。 治療後の写真は、本来のラインが戻って素敵なフェイスラインになりましたね。正面から見たときに四角い印象がなくなってますよ。

 

この2ヶ所にボトックス注射をすることで、本来の女性らしいフェイスラインが戻り、小顔効果を満足される方がとても増えています。

 

 

ボトックス注射は筋肉に行う注射なので、顔の筋肉の動きに制限がかかるの?

怖い! 不自然になるのでは! と不安に思われる方もいらっしゃいますが、不安に思われるようなことは起こりませんのでご安心ください。
経験豊富な医師が治療を行います! 多くのお客様にご満足いただいています。

 

顔の脂肪分解注射は、手軽に行える顔痩せです。
症例写真の彼女のように、気になるボリュームが脂肪なのであれば、脂肪分解注射を数回に分けて実施すると、顔がスッキリ痩せてきます。
ムクミを取り除いたほうが良い場合は、輪郭注射を行います。

 

小顔になるためには、原因にあった治療を行うことが大事です。
そして、その原因が1つだとは限りません。
症例写真の彼女のように、数種類の治療を行うこともよくあります。結果、小顔以外の効果を喜んでいただくことも多いので、とても楽しい治療です。

 

女性が美しくなるということは、笑顔が増えるということですね!
注入専門医として、もっともっと皆様に喜んでいただけるように頑張ります!

関西初の注入治療専門クリニック TKCビューティホームクリニック