ボトックスには、受ける人が多くなる時期があります。 - TKCビューティホームクリニック(大阪・心斎橋)

スタッフブログ

美容お役立ちBlog TKCビューティークリニックの院長がお届け!
2017/03/23

ボトックスには、受ける人が多くなる時期があります。

去年の秋は、ボトックス注射の方がとても多かったです。
ということは!
そろそろボトックス注射の方がたくさんご来院される ということになります。
しかも、これからの季節はボトックス希望の方が増える季節なのです。

 

シワ予防や、ワキの多汗症に用いられるボトックス注射ですが、一度の治療が永遠に続くものではなく、数ヶ月で効果が無くなってしまいます。

 

早い方で3~4ヶ月後には、ボトックス注射の切れが分かるようになります。
例えば、
額の横シワにボトックス注射をされた場合は、ボトックスが切れ始めると「額が動き始めた」と表情筋の動きを感じます。
ワキの多汗症だと、「ワキ汗増えてきた」と汗を体感し始めます。
小顔治療の場合は、「歯を食いしばりはじめた」「エラに力が入る」など、咬筋というエラの筋肉の動きが過剰になり始めたことを体感し始められます(顔が大きくなったと感じることは そうありませんのでご安心ください)

 

シワ予防でボトックス注射を受けられている方は、深いシワが刻まれないための予防目的なので 定期的に受けていただいています。
ボトックス症例

 

ボトックス注射を受けると、1~2週間程度で効果が表れます。そして、この症例写真のように無意識に不要な表情筋を動かしてシワを作ってしまうことがなくなります。
※不要な表情に対して行う治療なので、ボトックス注射後も自然な表情は健在です!不自然になることはありませんので、ご安心ください。

 

毎日何回も何回も繰り返される動きによって、同じ場所に折り目がついてしまう これが、表情ジワによる刻まれたシワです。
ですから、不要な表情シワをボトックス注射で止めておかなければ 嫌なシワが刻まれてしまうことになります。

 

一度刻まれてしまった深いシワは、ヒアルロン酸注入で目立たなくすることを続けないといけません。 深いシワになる前であれば、肌にハリを戻したり、リフトアップ治療をすることで目立たなくなりますが、そうでなければ、定期的なヒアルロン酸注入が必要になります。

 

昔と違い、今ではボトックス注射という安全な予防策がありますので、是非とも受けてシワ予防していただきたいです!

 

シワ予防や小顔治療の方は定期的に受けられますので、半年に1回位のペースでボトックス注射の方が どーっとご来院されます。
(できるだけ受けていただきやすいように、キャンペーンもその時期に実施していることが多いので、ぜひぜひお得なイベントを活用してくださいね)

 

ワキの多汗症や、花粉症に受けられる場合は、
汗が増える時期限定、花粉症になる時期限定 でボトックス注射を受けられています。ですから、こちらは、定期的に受ける 意味が少し違います。
花粉症のボトックス注射は、今の時期がとても多いです。
ワキの多汗症は、もう少し先のゴールデンウィーク終わりくらいですね。

 

気になる○○がなくなると、本当に気持ちが楽になります。
ボトックス注射は、アンチエイジング以外のお悩みにも対応しているんですよ!
今の美容医療にはなくてはならない 存在ですね!

 

当院では、注入専門クリニックならではの治療も行っています。
ボトックス注射で、美脚治療や毛穴治療もできます。
お顔だけではなく、体の悩みにも 本格的に取り組んでいるTKCです。診察の際は、あれもこれもしっかりご相談ください。皆様とゆっくりしっかり向き合って、お一人お一人にあった治療を提案させていただきます。

関西初の注入治療専門クリニック TKCビューティホームクリニック