スタッフブログ

美容お役立ちBlog TKCビューティークリニックの院長がお届け!
2015/12/29

ボトックスはどのくらいの間隔で注射すべき?一番効果の出やすい間隔とは?

「顔のしわやほうれい線の予防をしたい」「気になるエラをすっきりさせて小顔になりたい」
「鼻の下の長さが気になる」「ワキのニオイや汗の量が気になる」
「つらい花粉症をどうにかしたい」・・・等、様々な悩みに効果を発揮するボトックス注射。
しかし、その効果は一生続くわけではないため、継続的に注射を打つ必要があります。
ではどのくらいの間隔でボトックス注射を行うのがいいのでしょうか?
間隔が空き過ぎると効果が出る前の元の状態にもどってしまいますし、
間隔がせま過ぎると余分な出費をすることになり、経済的に厳しいこともあるでしょう。
そこで今回はボトックス注射をお考えの方に、
効果の出やすい間隔を知るための考え方をご紹介いたします。

 

ボトックス注射の効果が切れるのはいつ?
早ければ3ヶ月の方も

ボトックスの効果が切れ始めるタイミングで次のボトックス注射を打つと、
継続して効果を得られることになるため、まずはそのタイミングを知っておく必要があります。
ボトックスが切れ始めるのは、一般的には注射をしてから3ヶ月~半年くらいです。
ただし個人差は大きく、中には1年くらい持つ方もいます。
まずは「自分にはどのくらいボトックスの効果が続き、いつ頃切れるのか」
を把握する事が大切です。

 

ボトックス効果が効き始めるのはいつ?
人によっては2週間かかります

ボトックスの効果が切れたな…と思って再度注射を打ったとしても、
すぐに効果を得られるとは限りません。
効果が効き始めるまでに少し時間がかかるからです。
そこで「ボトックス効果が効き始めるタイミング」を知っておく必要があります。
ほとんどの方が1日~1週間で効果を感じられるようになりますが、
長い方では2週間後という方もいます。

 

注意!毎回同じタイミングで
打てばよいわけではありません

ここまでを考えればボトックス注射を打つ間隔は、
「注射の効果が切れる3ヶ月~1年の、
注射が効き始めるまでの時間を考慮して1日~2週間前にするのが良い」
ということになるように思いますが、以下の3つの理由により、少し複雑になってきます。

 

1.ボトックスを打つためには、3ヶ月以上の間隔を空けなければなりません

 

2.ボトックスは、回を重ねるごとに効果の持続時間が長くなる傾向にあります
  最終的には、2年に1回ですむようになることもあります。

 

3.ボトックス注射を繰り返すうちに、効果を感じられなくなる方がいます
  これを防ぐためには、ボトックスの間隔を長めにあけておくことが必要です。

 

そのため、「1回目に半年くらい効果があったから、
ずっと半年に1度の間隔でボトックス注射をすれば大丈夫」
というわけでも「3ヶ月で効果がきれてしまう上、効き始めるまで1週間かかるみたいだから、
2カ月半くらいで次の注射を打てばいい」というわけでもありません。
参考までにお伝えすると、1年に2~3回受ける方が多いです。

 

ここまでの話をまとめるとボトックス注射を打つ間隔は、
効果が切れるタイミングや効き始めるまでのタイミングを考慮しながら、
様子を見て変化させていくのがベストといえます。
一人で判断するのが難しい場合がありますので、
担当医と相談しながらすすめるのが良いでしょう。
大切な顔や体に関することを相談していくパートナーとなりますので、
信頼できる医師やクリニックを選んでおくことが大切です。
クリニック選びに迷ったら、
注入のプロが揃った注入専門の当クリニックを、お気軽にお訪ねください。
丁寧なカウンセリングのもと、
お客様一人一人に合わせた注射の間隔でボトックスを行わせていただきます。
適切な間隔でボトックス注射を行うことで、
理想とするフェイスラインや表情を長く継続させたり、
気になる汗などの症状を長く緩和させたりしていきましょう。

 

ボトックス注射について詳しくはこちら

関西初の注入治療専門クリニック TKCビューティホームクリニック