ボトックスを受けると違和感があるって本当ですか? - TKCビューティホームクリニック(大阪・心斎橋)

スタッフブログ

美容お役立ちBlog TKCビューティークリニックの院長がお届け!
2018/07/07

ボトックスを受けると違和感があるって本当ですか?

シワのご相談の際に「以前ボトックス注射の経験があるが、治療後の違和感を我慢するのが辛かった」という、他での治療経験を聞くことが時々あります。

 

ボトックス注射は、筋肉の収縮を止めることでシワが作れないようにするシワ治療です。

正しい知識と技術、そして適応を見極めることができる専門の医師だけがボトックス注射を行っているので、本来はこのような事は起こりにくいはずなのですが、未だにボトックス注射に対する悪い印象を時々伺います。

スタッフ 額シワボトックス前

このように、額にできる横ジワ。

この動きを長期間続けてしまうと、額に大きく目立つ横ジワが深く線のように刻まれてしまいます。そうなると、額を動かしていても動かしていなくても、常に額には大きな目立つ横ジワがある顔になってしまいます。

 

この額にできる横ジワをなくし、将来できる可能性の高い肌に刻まれる横ジワができないようにする治療がボトックス注射です。

スタッフ 額シワボトックス後2W

額にボトックス注射を実施し、2週間が経過したボトックスの治療症例写真です。

 

わざと額に横ジワを作ろうと思っても作れません。そのようにデザインして適切な箇所にボトックスを注射しています。

この効果は3~4ヶ月続きますので、その期間は安心ですね。「額に横ジワ作ってないかな」「額に横ジワが刻まれて線みたいなシワができてないかな」と心配しなくてすみます。

 

気になるシワが無くなって嬉しい!シワ治療のはずなのですが、額や眉間はボトックス注射後の違和感を感じやすい部位なので、適応の見極めがとても重要になってきます。

適応の見極めを誤ったり、患者様の気持ちを無視した治療を行ってしまうと、治療後の違和感を我慢していただくことになってしまいます。

 

 

額や眉間だけ何故?と思われる方が多いので、簡単に説明します。

普段何気なく行っている瞼の開け閉め(まばたき)ですが、周辺の筋肉が瞼の動きをサポートしている場合があります。眼瞼下垂(がんけんかすい)という症状が大きくある方は、特に周りの筋肉のサポートが必要なので、ボトックス注射で額や眉間の筋肉の収縮をキッチリ止めてしまうと、上瞼のサポートが足りなくなり治療後に一時的な大きな違和感を感じてしまいます。一時的とはいえ、3ヶ月程度の我慢は辛いですね。

 

このような結果にならないために、正しい知識と高い技術で注入治療を行っています。そして、もう一つ!正しい知識と高い技術があっても、患者様が求める結果を提供したいという気持ちがなければ、満足度の高い注入治療を行うことはできません。

 

額の横ジワ治療のために、ボトックス注射を行い額の横ジワはできなくなった。これで治療は成功ですと判断するのはオカシイと思っています。治療後に上瞼が重くて辛いというような違和感を感じてしまっているのであれば、成功ではありません。注入治療専門TKCビューティホームクリニックでは、患者様に我慢をしていただくことを望みません。我慢をしなくてよい治療を目指しています。

 

 

ボトックス治療の具体的な対策は、

マイクロボトックスと、他にはない独自のボトックスシワ治療のシステムです。

 

マイクロボトックスは、通常のボトックス注射とは違うレシピと手法で行うボトック治療のことです。

スタッフ マイクロボトックス経過比較

額にマイクロボトックスの治療を行った症例写真です。

通常のボトックス注射と同じように 額に横ジワができなくなっています。

 

ですが、動かそうと思ったら全体的に軽く動かすことができます。

スタッフ マイクロボトックス治療7日目経過写真

マイクロボトックス治療後7日目の様子です。まだ、効果が出始めている途中ですが、軽く全体的に動かせていますね。

 

このモニターさんは、眼瞼下垂の症状が大きくありますので、通常のボトックス注射を額に行うと、治療後に上瞼が重いという大きな違和感を我慢していただくことになってしまいます。実際、他院でのボトックス注射で違和感を経験されています。

 

症状の度合いによって、通常のボトックス注射のデザインで回避できる場合もありますが、違和感の感じ方は個人差があります。

このモニターさんは、いろいろ試した結果 違和感を回避したデザインの通常のボトックス注射よりも、マイクロボトックスのほうがより少ない違和感だったし、額全体のシワが改善されて快適でした!と喜ばれていました。

中には、眼瞼下垂の症状が大きくあっても ピッタリしっかり額の横ジワを通常のボトックス注射で止めて欲しい!と違和感を全く気にしない方もいらっしゃいます。

 

ボトックス注射後の違和感は患者様だけにしかわからないことです。場合によっては、見た目も瞼が重そうになってしまうこともありますが、殆どは目で見て確認ができません。

だからこそ、シワのボトックス注射の独自のシステムを作り、多くの方に安心してボトックスのシワ治療を受けていただけるようにしました。

 

 

一般的な美容クリニックでのボトックスのシワ治療は、診察後に注射を行い終了 という流れですが、注入治療専門TKCビューティホームクリニックは違います。診察後にボトックス注射を行い、1~2週間後に経過診察を行っています。

 

ボトックス注射の効果が表れた頃に、どのような感じかを診せていただきます。動き具合を確認して、違和感の有無をお伺いしています。

 

TKCビューティホームクリニックのボトックス注射のシワ治療は、診察後に行う1回目のボトックス注射を控えめに行います。そして、経過診察の際に足りなければ追加を行うという2段階システムのような感じです。

 

経過診察の際に、

・まだ少し動く、違和感も全くない というのであれば、ボトックス注射を追加します。

・まだ少し動く、困らないけれど違和感がある気がする というのであれば、相談しボトックスの追加を行うか、追加しないかを決めます。

・不要な動きが止まっている! というのであれば、ボトックスの追加は必要ありませんし、ご希望がなければ経過診察の必要もありません。

 

ボトックス注射には効果を薄める薬剤がありませんので、1回目の注射を控えめにすることで辛い違和感を回避することができます。とは言っても、できるだけ2回目の追加の必要ができるだけなくて済むようにしてはいますが、この独自のシステムはとても好評で、ボトックス注射が受けやすくなった!と患者様からは喜びの声を多くいただいています。

 

注入治療専門の美容クリニックだからこそできる、ボトックスのシワ治療です。

できるだけ痛くない注入治療、内出血などのダウンタイムが少ない注入治療を目指しています。

額や眉間、目尻、鼻、顎などの顔のシワをなくして 自信にあふれた美しい表情に戻るためのアンチエイジングです。楽しい気持ちでリラックスしてご来院頂きたいと思っています。ご不明点や不安点は、何でもお気軽にご質問ください!

私たち注入治療のプロTKCビューティホームクリニックが、皆様のシワのお悩みを解決いたします。

関西初の注入治療専門クリニック TKCビューティホームクリニック