ワキ汗対策!そろそろ始める季節です。 - TKCビューティホームクリニック(大阪・心斎橋)

スタッフブログ

美容お役立ちBlog TKCビューティークリニックの院長がお届け!
2019/05/09

ワキ汗対策!そろそろ始める季節です。

ゴールデンウィーク頃からリピーター様が増える治療があります。

 

ワキ汗対策!

 

ワキのボトックス注射です。

 

ボトックスってシワ治療じゃないの?と不思議に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ボトックス注射はシワ治療だけではなく、小顔治療や美脚治療などにも用いられる幅広い用途を持つ注入治療です。

 

今回紹介するのは、ワキ汗対策に用いるボトックス注射。

どんな人におすすめの治療かと言うと、

 

・ワキ汗の汗ジミが気になる

・ワキ汗のニオイに悩んでいる

 

ワキの汗の量やニオイを気にする方におすすめの注入治療です。

治療法はとてもシンプルで、ワキにボトックスを投与するだけです。

 

こちらが治療風景。

スクリーンショット 2019-04-19 16.34.44

 スタッフ ワキボトックス注射

 

清潔にしたワキにデザインペンでマーキングしています。写真に見えるピンク色の点々はデザインペンの色ですよ。

そのデザインした部分に注射器を用いてボトックスを投与します。

範囲にもよりますので個人差がありますが、だいたい片方のワキに10ヶ所程度の注射です。

痛み緩和のために冷やしながら行うので、注射が苦手な方でも無理なく受けていただけますが、痛みがどうしても心配な方には麻酔クリームのご用意もありますので仰ってくださいね。(別途費用と処置前の待機時間がプラスされますので、ご希望の方はご予約の際にお問い合わせくださると詳細をお伝えいたします。)

 

ボトックス注射に用いるのは、とってもとっても細い針なので、怖くてたまらないとか痛くてたまらないという感想は聞きませんので安心して治療に臨んでいただけると思います。

下の写真をご覧いただくと分かりますが、髪の毛のように細い針を用いています。

 

スクリーンショット 2019-04-19 16.44.01

ボトックス治療 シワ治療 ハリの細さ

ワキの汗の量やニオイのための美容治療はボトックス注射以外に、外科的な手術やマシン治療があります。

 

その中で最も手軽に受けれるということでとても人気があります。

 

ワキ汗治療のボトックス注射がどれくらい手軽な治療なのか、他の治療と比較しながら簡単に説明します。

 

ボトックス注射は、ボツリヌス菌という神経毒素で投与した部分の筋弛緩作用を利用してい筋肉の収縮を止めシワ治療などを行っていますが、汗の分泌を増やすアセチルコリン(神経伝達物質)を抑制する作用もあります。

 

この汗の分泌を抑える作用を利用した治療なので、ワキにボトックスを注射するだけで効果を実感することができます。多汗症やワキガの外科的な手術やマシン治療は、汗を分泌する汗腺を手術で取り除いたり、マシンの熱で破壊するという治療のため、治療時間が多少必要になり、治療後にダウンタイムと呼ばれる痛みや違和感がある期間があります。外科的な手術に至っては傷跡が目立たなくなるのに数年必要な場合があります。また、汗腺を切除したり破壊することで毛根も無くなるため、ワキ毛の量が著しく減り、男性が受ける場合、治療後のワキ毛の減りを気にされることが多いようです。

 

ボトックス注射のワキ汗治療は、治療前も後も注意事項や制限が殆どありません。

治療前はワキの毛を剃っていただきます。毛抜きはお止めくださいね。毛抜きによって炎症が起きていると治療を延期する場合があります。

治療部を清潔にするために必要なお願いになります。恐らく、外科的な手術やマシン治療でも同じような準備をお願いしているところが多いと思います。

 

治療当日は、ワキを出しやすい服装で来ていただいた方が楽に受けていただけると思いますので、事前に服装の詳細をお伝えしています。ですが、こちらで着衣を着替えていただくことも可能ですので、ご相談ください。

 

外科的な手術やマシン治療の場合は、当日の服装選びは少し慎重です。特に外科的な手術の場合は、治療後にワキを圧迫固定します。手術の内容によっても異なりますがワキの動きを大きく制限される程の固定の場合もありますので、ワキを動かさなくても着替えれるゆっくりサイズの服装を指定されると思います。そして、服装の制限は数日続く場合があります。もちろん、手術後の痛みや制限は数日続きます。

 

その点、ボトックス注射のワキ汗治療は治療後のダウンタイムをほとんど気にする必要がなく、治療後にしてはいけないことはワキを強く温めない・ワキのマッサージを行わないということだけです。しかもこれは治療後24時間限定の制限なので、日常生活に影響がある方は殆どいらっしゃいません。強く温めるというのは、美容マシンや脱毛マシンなどを行わないということなので、入浴は問題ありません。

 

注射で行う治療なので内出血の可能性もありますが、気にされる方が非常に少なく、目立ちにくい部分ということもあり、ご自身でも治療後に内出血の確認をされないことも多いようです。万が一内出血が出た場合は、1~2週間程度で目立たなくなります。

 

ボトックス注射の効果は3~4ヶ月と言われています。汗の量が増える季節だけ何とかしたいと思われる方は春~初夏に受けていただくと、汗ばむ季節も、汗が多くなる季節も、ワキの汗ジミやワキ汗にニオイを楽に過ごしていただけます。季節に関係なく汗の量やニオイを何とかしたい方は、半年に1度くらいを目安にしていただくとよいと思います。

 

ボトックス注射は治療後数日~2週間で効果を感じることができます。ワキの汗がゼロになったりワキのニオイが全く無くなるという治療ではありませんが、ボトックス注射を受けることでワキの汗を気にすることが少なくなると思います。

 

もう少しで夏が始まります。そろそろボトックス注射でワキ汗対策を行う方が増える季節です。汗ばむ季節から、ワキ汗対策を行って快適な夏を迎えましょう。

 

TKCビューティホームクリニックでは、診察や治療は全て完全予約制で行っていますので、ご興味がある方はまずはご予約をお願いいたします。

関西初の注入治療専門クリニック TKCビューティホームクリニック