切実な悩み「ワキ汗」は、たった5分のボトックス注射で改善できる! - TKCビューティホームクリニック(大阪・心斎橋)

スタッフブログ

美容お役立ちBlog TKCビューティークリニックの院長がお届け!
2016/07/06

切実な悩み「ワキ汗」は、たった5分のボトックス注射で改善できる!

夏は汗をかく季節。汗をかくことは決して悪いことではありませんが、必要以上にかく汗が、悩みの種になっているという方もいらっしゃるでしょう。特にワキ汗はにおいの原因になったり、お気に入りの服に汗ジミを作ってしまったりするので、お困りの方も多くいらっしゃいます。

 

「ワキ汗」対策グッズもたくさん出回っていますのでお試しになるのもひとつの方法ですが、それでは解消できないという方のために「ボトックス注射」という方法もあります。ワキ汗の対策について考えてみましょう。

 

 

ワキ汗対策グッズ!その効果は?

ワキ汗対策グッズとして一番に思い浮かぶのは「制汗スプレー」ではないでしょうか。外出前にワキなど汗がでやすい場所にシューッとひと吹き。冷感作用が含まれているものもあるので、気持ちが良いもの。ただ通常の量の汗の場合は問題ありませんが、ワキ汗でお悩みの方にとっては、効果が薄いという意見が多いようです。

 

ここ数年よく見かけるようになったのが、塗るタイプの「制汗剤」。汗腺にフタをして、汗がでるのを抑えることができるようです。ただ朝塗って一日中効果があるというわけではないので、こまめな塗り直しが必要です。

 

ワキ汗の中でも特に、汗ジミが気になるという方に人気なのが「ワキ汗パット」。衣服に貼る使い捨てタイプや、洗って何度でも使えるタイプなど、さまざまあります。汗ジミができるのを抑えることは確かにできますが、毎日洋服につけるのが面倒だという意見もあります。

 

 

ワキ汗対策グッズでは不満!という方におすすめ「ボトックス注射」

毎年、さまざまなワキ汗対策グッズが登場しています。優秀なアイテムもありますから、グッズで解決できるという方は利用されると良いでしょう。しかしワキ汗対策グッズを使うのは面倒、グッズだけでは効果が不満、という方は「ボトックス注射」をおすすめします。

 

ボトックスには「汗の分泌を抑える」働きがあるので、先ほどご紹介した対策グッズとはまったく違う方法でワキ汗にアプローチすることができます。それぞれの役割を簡単にまとめると以下のようになります。

 

———————————–

「ワキ汗パット」⇒でてくる汗を吸収してくれる

「制汗スプレー・制汗剤」⇒汗が体外にでるのを抑えてくれる

「ボトックス注射」⇒汗の分泌そのものを抑えてくれる

———————————–

 

つまり根本からワキ汗を何とかしたい!という方には、ボトックス注射が最適なのです。

 

 

「ボトックス注射」痛くないの?デメリットは?

ボトックス注射は「ボトックスという製剤を注射器で注入する」という治療法です。注射でチクッとする程度の痛みはありますが、術後も痛みが続くというケースは、ほぼありません。稀に腫れてしまう方もいますが、2~3日でひいていきます。痛みが心配な方は麻酔することも可能ですから、「痛みに対する不安」は、ほぼないと考えて良いでしょう。また注射するだけですので施術時間はたったの5分程度です。

 

デメリットとしてあげるとするなら、ボトックス注射は汗腺を取り除くわけではないので、効果が持続するのは3~6カ月という点でしょうか。半永久的な治療を望む方にはおすすめできません。半永久的に直したい場合は、メスを入れ汗腺を完全に除去してしまう手術を行うという方法があります。ただし「切る治療」ですからボトックス注射よりもリスクは高くなりますし、費用も高くなります。どの治療が適しているかは、ご本人の状態やお悩みの度合いなどにもよります。じっくりと検討して決められることをおすすめします。

 

 

「夏だけこのワキ汗を何とかしたい」という方にはキャンペーンも!

ワキ汗グッズを使うよりも効果的で、切る治療よりもリスクの少ない「ボトックス注射」。とにかく汗がたくさんでる夏の時期だけでもどうにかしたい!という方には、やはり「ボトックス注射」が一番おすすめです。

 

現在、当クリニックでは「わきボトックス注射」のキャンペーンを8月末まで行っていますので、気になる方はぜひご相談ください。

 

▽わきボトックスキャンペーン

https://tkc-beautyhomeclinic.com/botox_campaign3

関西初の注入治療専門クリニック TKCビューティホームクリニック