スタッフブログ

美容お役立ちBlog TKCビューティークリニックの院長がお届け!
2015/10/29

新婚の方は要注意!?ボトックス注射を打つと妊娠できないってホントなの…??

シワをなくしたい、エラを目立たなくしたい、わき汗を防ぎニオイを抑えたい……
少しでも美しくありたいと願うのは女性であれば当然のこと。
ボトックス注射は、そんな多くの女性の願いに答えられる施術です。
興味をお持ちの方やすでに体験されたことがある方も多いことでしょう。
キレイを目指すことは、独身の方にもご結婚されている方にもある当然の権利です。
しかしここで考えていただきたいのが「妊娠」についてです。
もしも「ボトックス注射を打つと妊娠できない」などということになると話は別。
このような噂を聞いて、ボトックス注射を不安に思っている方や、
打った後に後悔されている方もいるかと思います。
このうわさは真実なのでしょうか?
今回はボトックス注射と妊娠について説明したいと思います。

 

「ボトックス注射をすると妊娠できなくなる」は真実か

最初に「これを事実と確証づける医学的根拠もデータもどこにもない」ということを、
お伝えしておきます。
つまり、この話を信じる理由が何もないということです。
ただし医学的根拠やデータがない理由は、ボトックス注射の歴史が浅く、
そのような臨床試験がすすんでいないためです。
「ボトックスを打っても子宮や胎児に影響が出ない」といえるデータもないということを、
念頭においておいたほうがいいでしょう。
事実だけをお伝えするならば、「ボトックス注射を打ったけれど、
元気な赤ちゃんが生まれた」という方や、
「ボトックス注射に知識のある女性医師に、
独身前からボトックス注射を打っている人がいる」ということ。
ボトックスを打ったことがあるからといってむやみに心配する必要はないのです。

 

ボトックス注射で妊娠できなくなることが心配される理由

ボトックスは、ボツリヌス菌がつくる
「ボツリヌストキシン」という成分を含んでいます。
ボツリヌストキシンは毒素で、筋肉の働きを停止させる強力な力を持っています。
ボトックスはこの成分を薄めることで
筋肉の働きをほどよく抑制させるように調整されています。
大丈夫なのかと心配されるかもしれませんが、
薬剤の中でも安全性が高い成分となっていて世界の80カ国以上で認められています。
またボトックス注射を注入しても、
ボツリヌストキシンの成分は1~2週間で体外に排出されます。
そのため美容効果は永続的ではありませんが、体内にボツリヌストキシンが
残り続けることもないため、妊娠できなくなるような影響があるとは考えにくいです。

 

重要なのはボトックス注射後、
しばらくは妊娠を控えること

気に留めておいていただきたいのは、「妊娠ができなくなること」ではなく
「妊娠中はボトックスを打たないこと」「ボトックス注射後は妊娠を控えること」です。
ボトックスに注意書きとして書かれていることでもあるので必ず守るようにしてください。
これは胎児への影響を考えてのことです。
といっても胎児に影響がでるからではなく、影響がでるかどうか分からないから
打ってはいけないという意味です。
先ほども記載したように、
ボトックスと妊娠や胎児の研究はあまり進んでおらず不明な事が多いです。
分からないものはやめておいたほうが安全なため、義務化されています。
妊娠を控える期間ですが、長くて半年もあれば十分です。
それ以降は妊娠について特別に注意すべき点はありません。

 

 

今回の記事は参考になったでしょうか。
妊娠については一生の問題ですので、心配されるお気持ちはとてもよく分かります。
しかし当クリニックでボトックス注射を望まれる方には、
納得した上ですっきりした気持ちで施術にあたってほしいと願っております。
不安があれば小さなことでもご相談いただければうれしいです。
ボトックス注射と妊娠について、丁寧に説明させていただきます。

 

ボトックス注射について詳しくはこちら

関西初の注入治療専門クリニック TKCビューティホームクリニック