注入でできる小顔治療。治療効果をご覧ください。 - TKCビューティホームクリニック(大阪・心斎橋)

スタッフブログ

美容お役立ちBlog TKCビューティークリニックの院長がお届け!
2018/11/13

注入でできる小顔治療。治療効果をご覧ください。

どうしたら顔が小さくなれるんだろう?と、

ダイエットを頑張っている方、小顔エステや小顔マッサージを頑張られている方、小顔メイクを毎日頑張られている方へ、TKCビューティホームクリニックの注射でできる小顔治療をご紹介します。

 

 

シワ治療で有名なボトックス注射。ですが!ボトックス注射は、シワ治療だけが得意なわけではありません。

小顔治療や美脚治療もできます。

 

 

具体的にどのような効果があるかというと、下のモニター写真のように、エラが張って顔が丸く見えている方・四角い顔に見られる方に治療を行うと、小顔効果が期待できます。

スタッフボトックスエラ比較1

治療名:ボトックス注射(エラ) 治療費:65,000円(税別)

方法:発達した咬筋にデザインを行い、注射器を用いてボトックスを少量ずつ筋肉に投与します。

効果と持続期間:治療2~3日後から効果が表れ始め、3~4週間後から小顔効果を実感できるようになります。小顔効果は3~6ヶ月持続しますが、効果の感じ方など個人差があります。

*ボトックスとはボツリヌス菌という筋肉の収縮を弱める作用のある神経毒素です。アメリカのFDAの認可を受け眼性痙攣などで30年以上も使われるなど実績のある治療薬で安心して受けていただけます。また、当院で使用しているボトックス製材「ボトックスビスタ®」は国内で唯一厚生労働省の許可を受けている安全性の高いボトックスです。

*ボトックス注射後、治療部の筋肉が徐々に動かなくなるため「重い」「だるい」と感じることがあります。多くの場合は時間とともに慣れてきます。

 

このモニター写真は、ボトックスの小顔治療前と、治療約1ヶ月後を比較したものです。

顔の大きさや形が変わっていることが写真でわかりますね。

 

 

 

いったいどんな治療なんだろう?とご興味を持たれた方へ、簡単にボトックス注射の小顔治療について説明を行います。

 

ボトックス注射の小顔治療が適応になる方は、咬筋という 奥歯をグッと噛みしめた時に盛り上がるエラの筋肉が 発達し過ぎているために顔が大きく見えている方です。

 

 

小顔の診察で、

・エラの筋肉が発達し過ぎているのが原因なのか?

・頬や顎の脂肪が原因なのか?

・皮膚のたるみが原因なのか?

・骨格なのか?

・バランスなのか?

このように、原因を見極め最適な小顔治療を提案いたします。

*骨格が原因の場合は、当院で治療を行っておりませんので適した治療のアドバイスをさせていただきます。

 

エラの筋肉が発達し過ぎている場合は、上のモニターさんが行ったボトックス注射の小顔治療をご案内いたします。

 

ボトックス注射の小顔治療についてのメリット・デメリットを説明し、治療後の経過などもお伝えします。しっかりとご納得いただき、受けたい!と思っていただいた方は、治療へと進んでいただきます。診察当日に受けていただいても、後日ご希望の日をご予約いただいても結構です。

 

治療を開始する前に治療部分(エラ周辺)のメイクを拭き取り、デザイン(注射を行う範囲をデザインペンでマーキングします)と消毒を行います。そしてデザインした部分に注射を行います。(左右数ヶ所程度です。)

*髪の毛よりも細い針を用いて行う注射ですが、痛みが不安な方には、別料金になりますが麻酔クリームのご用意もあります。麻酔クリームをご利用の場合は30分程度待っていただき、麻酔が効いてきたころに注射を行います。

 

注射が終了したら、デザインペンを拭き取り終了です。

 

治療時間がとても短い小顔治療です。

 

治療直後は、針跡の赤みが数ヶ所残りますが、時間の経過とともに目立たなくなります。また、気になる内出血は、正直やってみないと分からないものなのですが、万が一出てしまった場合も、派手に目立つない内出血が起こることは稀ですが、気になる場合はメイクで隠していただくことになります。治療直後からメイクOKなので、万が一気になる内出血や、直後の針跡の赤みが残るようであれば、メイクルームでお直しをしてお帰りいただいています。

*内出血のカバーが得意なコンシーラーも置いておりますのでお使いください。

 

内出血用コンシーラー

ボトックス注射の小顔治療は、直後から効果はわかりません。ボトックスの効果は治療後2~3日で始まるのですが、顔が小さくなったと感じ始めるのは個人差がありますが、1ヶ月後位を目安に思っていただいています。

 

無意識に奥歯を噛みしめる癖がある方は、エラの筋肉が発達して厚みが出やすいので、ボトックス注射での小顔効果を実感される方が多いように思います。

 

発達し過ぎた筋肉の動きを制限してくれるためにエラの筋肉が痩せて小顔になるというイメージです。そのため、ボトックスの効果が持続する3~4ヶ月後以降から少しずつエラの筋肉の動きが戻り始めますので、小顔効果を維持されたい方は年に2~3回ボトックス注射の小顔治療を受けていただくとよいですね。

 

ボトックス注射でエラの発達し過ぎた筋肉の動きに制限をしても、いつもと同じように食事も会話も普通にできますのでご安心ください。表情も自然なままです。

エラの筋肉を細くして顔を小さくするだけの治療です。

 

 

ボトックスを使った小顔治療は、もう一つあります。

ボトックスリフトという、軽いたるみがある方におすすめの治療です。

髪をアップにすると、顔がキュッと引き締まりますよね!そんな感じの仕上がりが期待できる治療です。

 

先に紹介したボトックス注射の小顔治療とは全く違う適応と方法になります。こちらは、またの機会にご紹介いたします。

 

 

モデルさんのような小顔になりたい!

小顔のハーフ顔になってオシャレやメイクを もっと楽しみたい!

でもどうやったら、理想的な小顔になれるんだろう?とお困りの方は、注入治療専門のTKCビューティホームクリニックにご相談ください。

 

得意の注入治療で、皆さまの小顔のお悩みの解決のお手伝いをさせていただきます!

関西初の注入治療専門クリニック TKCビューティホームクリニック