スタッフブログ

美容お役立ちBlog TKCビューティークリニックの院長がお届け!
2016/09/02

笑顔に自信が持てない原因に多い「ガミースマイル」とは?

素敵な笑顔の人の周りには、幸せな雰囲気が漂います。しかし、自分の笑顔に自信が持てない方もいらっしゃることでしょう。

その原因のひとつとして挙げられるのが、笑った時に歯茎の大部分が見えてしまう「ガミースマイル」です。ガミー(gummy)は歯茎や歯肉という意味。芸能人などでそれをチャームポイントにしてしまっている方もいらっしゃいますが、コンプレックスに感じてうまく笑えなかったり、口元を隠すのがクセになってしまったりする人も多いようです。

 

 

「ガミースマイル」の考えられる原因とは?

では、ガミースマイルになってしまうのには、どのような原因が考えられるのでしょうか。

 

①歯の大きさや生え方の問題

歯が小さい、歯が生えている位置が低いということが原因でガミースマイルになることがあります。歯に対して歯茎の面積がかなり大きく見えるので、笑ったりしゃべったりするだけで歯茎が目立ってしまいます。

 

②上唇の筋力の発達の問題

上唇の筋肉が発達し過ぎていると、普通に笑っただけで上唇が必要以上に持ち上がり、歯茎部分まで見えてしまいます。

 

③歯茎の発達の問題

たまに見られるのが歯茎の発達が原因のケース。歯茎が発達し過ぎて粘膜が伸び、歯の上にかぶさってしまうことがあります。そうなると、見える歯の面積は少なくなり、よりたくさんの歯茎が見えて、笑った時などに目立つガミースマイルになります。

 

④上顎の発達の問題

上顎が縦に長く発達し過ぎると、唇で歯茎全体を覆うのが難しくなります。そのため、隠せない部分の歯茎が見えてガミースマイルとなります。上顎が前方に突き出している場合や歯が前に出てしまっている場合も同様です。

 

 

「ガミースマイル」はボトックスで治せる!

歯や骨格に原因があるガミースマイルは、手術など大掛かりな対策が必要になる場合もありますが、上唇の筋力などが原因の軽度のガミースマイルには、ボトックス注射が有効です。ボトックス注射は運動神経に作用して、筋肉の動きを抑制してくれます。強すぎる上唇の筋肉に注入すれば、筋肉の動きが弱まって、歯茎が見えるほど上唇が持ち上がることはなくなる…という仕組みです。

 

 

「ガミースマイル」のボトックス治療。メリットとデメリットとは?

ボトックスを注入することでガミースマイルを解消する治療法は、手軽なのが最大の魅力。10分程度で完了し、注入後すぐに普段通りの生活ができます。痛みや腫れや副作用などはほとんど心配ありません。周囲の人に気づかれにくいのも大きなメリットです。効果は約10日から2週間程度で確実に現れます。また、元々しわの治療に用いられることの多いボトックス。肌質が改善されるなどの思いがけない効果がもたらされる場合もあるようです。

 

効果については個人差がありますが、2~3ヵ月ほど経つと効果は薄れ始め、4~6ヵ月ほど効果が持続します。

 

「ガミースマイルが気になって、うまく笑えない…」とお悩みの方は、美容クリニックなどで相談してみてはいかがでしょうか。当院でのボトックス治療は1回\31,500(税別)と比較的リーズナブルです。使用する薬剤は、日本人への有効性と安全性を厚生労働省から唯一承認された「ボトックスビスタ」なので安心です。ガミースマイルのコンプレックスが解消され、今より素敵な笑顔をつくるお手伝いが出来れば幸いです。

関西初の注入治療専門クリニック TKCビューティホームクリニック