韓国でのボトックス治療はアリ?実際、韓国で注射した方の体験談まとめ! - TKCビューティホームクリニック(大阪・心斎橋)

スタッフブログ

美容お役立ちBlog TKCビューティークリニックの院長がお届け!
2015/12/14

韓国でのボトックス治療はアリ?実際、韓国で注射した方の体験談まとめ!

ボトックス注射は、日本だけではなく韓国などでも行うことができます。
韓国では、ボトックス注射の料金が安いところもあり、
東京国際空港から韓国の仁川国際空港までは約2時間40分、
関西国際空港からなら約1時間50分で行けますから、
旅行のついでに・・・という方もいらっしゃるかもしれません。

ほんとうに韓国でのボトックス注射はアリなのでしょうか?
体験談をご紹介しながら、お話ししたいと思います。

 

韓国でのボトックス注射
失敗談も!?

数年前にボトックス注射でエラ治療をした、ある女性の体験談です。

 

  料金が日本に比べて安いからとカウンセリングを受けたところ、
  「あなたは効果が出やすい」「ゆるみの心配もない」といわれ治療しました。
  最初はあまり効果を感じることができず、1ヶ月後に追加治療をうけたら、
  片方の口角が上がりにくくなってしまいました。
  エラには多少効果が出たのかもしれませんが・・・。
  正直ショックでした。

 

いくら日本の正規料金に比べ安価であったとはいえ、思わぬ副作用がでるのは残念なもの。
この失敗には、どんな原因が考えられるのでしょうか。
次のコーナーから詳しくお話ししたいと思います。

 

最も信頼できるアメリカ製の「ボトックス」
安価な韓国製や中国製は・・・?

ボトックス製剤は、そもそもアラガン社の商品名です。
つまりアラガン社の製品のみが「ボトックス」と名乗れるわけです。

 

しかしボトックスの後発品などにあたる、
ボツリヌストキシン製剤を使っている場合も
「ボトックス」と名乗っているところがあるようです。
後発品などの理由から注入剤そのものの金額が安く、治療費を安く設定できるのです。
特に中国製のボツリヌストキシン製剤は、
ボトックスの1/4~1/5の価格となっていますが、安全性は確認されていません。

 

ボトックス注射で失敗した場合、
そもそも注入剤が「ボトックス」ではなかったということも考えられます。

 

ボトックスは医師の腕も重要
「ボトックスビスタ」が安全な理由とは?

ボトックス注射には医師の腕も重要だといわれています。
アラガン社の製品の中でも、特に安心な製剤といわれる「ボトックスビスタ」。
国内で唯一厚生労働省から許可をうけているボトックス製剤であることからも、
その安全性は明白です。
さらに「ボトックスビスタ」の治療には高度な技術を必要とすることから、
製造元のアラガン社の公式の講習セミナーを受講し、
認定された医師のみが使用できると定められています。
つまり「ボトックスビスタ」を使用しているクリニックの場合、
医師の技術も確かであることが保証されるため、失敗が起こりにくくなっています。

 

逆にいえば、ボトックス注射で失敗した場合、医師の技術が低かったということも考えられます。

 

ボトックス注射は「ボトックスビスタ」を使用する
日本のクリニックがおすすめです

韓国でボトックス注射をした方の中には、ご紹介したような失敗談も多く聞かれます。
もちろんすべての方が失敗されたわけではありませんが、
ご説明したような理由から失敗が起こりやすいともいえます。
またボトックスに限らず、注入治療を行う場合に大切なのはカウンセリングです。
韓国語が堪能な方なら医師との意思疎通もうまくいくかと思いますが、
そうでない場合は日本の医師または日本語が
堪能な医師に相談されたほうがよいのではないでしょうか。
カウンセリングで不安な点はしっかり解消してから、治療を行うことをおすすめいたします。

 

そう考えると、カウンセリングが大切な美容医療の場合、
日本のクリニックで受けていただくのがベストなのではないかと思います。
また「ボトックス注射」に関しては、
医師の技術も保障できる「ボトックスビスタ」を使うクリニックを利用されると安心です。
もちろん、当クリニックは「ボトックスビスタ」を使用し、
認定をうけた医師のみが行っております。(認定証もございます)
ボトックス注射をご検討されている方は、ぜひご相談ください。

 

ボトックス注射について詳しくはこちら

関西初の注入治療専門クリニック TKCビューティホームクリニック