スタッフブログ

美容お役立ちBlog TKCビューティークリニックの院長がお届け!
2015/10/29

ボトックス注射で小顔に大変身!手軽に小顔になれるそのメカニズムとは・・?

「八頭身美人」という言葉があるように、
顔が小さいことは、美のひとつの基準とされているようです。
雑誌などでも、小顔に見せるメイクやヘアスタイルなど
さまざまな情報が飛び交っていますが、
できることなら「小顔に見える」のではなく、実際に小顔になるのが理想です。
顔を小さくするには、骨を削るような大掛かりな手術が必要なのでは?と
心配されるかもしれません。
しかし、手軽に小顔になれる方法があります。
それは、ボトックス注射。
なぜ、ボトックス注射をすれば小顔になれるのか、
今回はそのメカニズムをご紹介しましょう。

 

顔が大きく見える原因は、張り出したエラ

顔を大きく見せる原因のひとつが、エラの形です。
エラが横に張り出していることで
顔の下半分が広がった四角い顔の輪郭になってしまいます。
また、頬からあごにかけてのフェイスラインがデコボコになるので、
その分、顔が大きく見えるのです。
顔の大きさが気になった時、髪の毛であごのラインを隠すと、
少し小さくなったように見えるのは、そのためです。

 

多くの場合、
本当に張り出しているのはエラの骨ではなく筋肉

エラが横に広がっているのは、骨格の問題で
骨が出っ張っているせいだと思いがちですが、
多くの場合、本当に出っ張っているのは骨ではなく筋肉です。
筋肉には、鍛えれば鍛えるほど大きくなり
盛り上がってくる性質があることは、よく知られていることです。
エラの部分には、あごを動かしてものを咬むための筋肉があります。
この咬む筋肉も、例外ではありません。
胸や腹、腕の筋肉などと同じように、
咬めば咬むほど、使えば使うほど、強く大きく発達します。
どれくらい咬む筋肉を使っているか、日常生活を見直してみることも必要です。

 

たとえば、次のような生活習慣やクセはありませんか?
・歯ごたえのあるかたい食べ物が好きで、毎食しっかり咬んで食べている。
・スポーツ中や重いものを持つため力を入れる時、歯を食いしばることがある。
・寝ている間に歯ぎしりするクセがある。

 

日常生活の中でこのような生活習慣やクセが続くと、
いつの間にか咬む筋肉がよけいに使われることになります。
そして、自分でも気づかないうちに発達した筋肉が
盛り上がってエラが張ります。
これが、顔が大きく見える原因になるというわけです。

 

ボトックス注射で、エラの筋肉を小さくして小顔に

ここで登場するのが、ボトックス注射。
しわでお悩みの方に使われることの多いボトックス注射ですが、
実は、筋肉の動きを弱めるという働きがあります。
そこで、エラにある咬む筋肉にボトックス注射をすると、
筋肉の動きが弱まり、小さくなっていくのです。
注入の際には、まず筋肉の発達具合や筋肉の位置などを確認します。
そして、ひとりひとりの状態に合わせた
ボトックスの注入量や注入の位置で注射を行います。
その後は、2~3週間で少しずつにエラにある筋肉が小さくなってきます。
すると、あごが細くなり、フェイスラインがスッキリ。
顔のデコボコがなくなり、顔の輪郭がキレイな卵型に近づいてきます。
こうして、顔が一回り小さくなるのです。
人によっては、咬む力が入りにくくなるなど違和感がある場合もありますが、
食べたり笑ったり口を動かす時には、
ほかのいくつかの筋肉も使っているので、
咬む筋肉の動きが弱まっても大きな影響はありません。

 

ボトックス注射で小顔になれるメカニズム、
お分かりいただけたでしょうか?
小顔に見せるために毎朝ヘアスタイルやメイクで苦労している方や、
骨を削らないと小顔になれないと不安に思っている方にとって、
注射一本で小顔になれるボトックス注射は、魅力的な方法のひとつかもしれません。
ボトックス注射で小顔に変身すれば、髪の毛で顔を隠すことなく
自信をもって、お友だちとのおしゃべりや食事が楽しめます。
顔の大きさでお悩みの方は、ぜひ当クリニックにご相談ください。

 

ボトックスリフトについて詳しくはこちら

関西初の注入治療専門クリニック TKCビューティホームクリニック