マイクロボトックスってどんな治療? ボトックスを用いた治療は目的別にいろいろです。 - TKCビューティホームクリニック(大阪・心斎橋)

スタッフブログ

美容お役立ちBlog TKCビューティークリニックの院長がお届け!
2016/11/30

マイクロボトックスってどんな治療? ボトックスを用いた治療は目的別にいろいろです。

マイクロボトックスは、
・毛穴引締め
・小じわ改善
・美肌効果
などのお悩みに対して行う、ボトックス治療です。

 

ボトックスリフトと同じ?と思っていらっしゃる方も多いのですが、目的が違いますね。

 

ボトックスリフト
・小顔治療
・軽度なたるみ治療

 

ボトックス注射
・表情シワの改善や深いシワの予防
・ワキ汗改善
・小顔治療(エラ)
・花粉症治療

 

簡単に目的別にまとめてみました。

 

 

マイクロボトックスは額のシワ予防の強い味方です!

額の表情シワで悩まれている方の中には、ボトックス注射の後に辛さが伴ってしまう場合もあります。「ボトックス注射を受けるのは嫌だけど、放置するとシワがどんどん目立ってしまいます。どうしたらいいですか?」とお悩みの声をよく聞きます。

 

こんな感じで、シワを寄せていないのにシワが刻まれてしまいます。

 

額の表情シワは、眼瞼下垂(がんけんかすい)が関係している場合が多くあります。
毎日何回もしている、瞼を開けたり閉じたりするマバタキです。

 

何気なく自然にしているマバタキですが、瞼だけでは上手に出来なくて額の動きがマバタキを手伝っている という場合があります。毎日のマバタキに何の支障も感じませんが、実は肩こり、眼精疲労、額のシワ などが結果として少しずつ症状として表れてきます。
眼瞼下垂の症状に悩まれている方は多く、最近はパソコンやスマホと、目を酷使する時代ですから、昔よりも増えているのかもしれません。

 

眼瞼下垂が軽度であれば、ボトックス注射で額の表情シワを止めても、治療をしてよかった!と喜んで頂けます。

 

額のボトックス注射の経過写真です。
額のボトックス注射の経過写真

 

しかし軽度でなければボトックス注射後、目が重くなる、頭痛がする、眠い、しんどい などの辛い症状が起こります。
ボトックスの効果が弱まってくると、額が動き始める(表情シワが復活する)ので、マバタキ時のストレスが減り辛い症状は全くなくなるのですが、やっぱり辛い治療はおすすめできません。

 

眼瞼下垂の改善は、瞼の手術が一番のおすすめ治療になるのですが、手術となると抵抗があったり、日程が決めにくかったりします。いつでも 誰でも受けれるという治療ではありません。
※当院には、従来通りの切る眼瞼下垂手術以外に、糸でできるダウンタイムのかなり少ない治療もあります。

 

額にシワが出来るのは嫌だけど、ボトックス注射を受けると目が重くなってしんどいから嫌だ。手術もすぐに受けれない。

 

こんな方に人気なのが、マイクロボトックスです。
ボトックス注射との違いは色々ありますが、とにかく注射をされる箇所がとても多いです。
チクチクチクチク続きますので、麻酔クリームでしっかりと痛み対策をします。

 

治療後の、目が重くなる、頭痛がする、眠い、しんどいなどの辛さがかなり軽減されるので、額のシワ予防をご希望の方の強い味方になっています。

 

額のマイクロボトックスの経過写真です。
額のマイクロボトックスの経過写真

 

一般的なボトックス注射と同じように 見た目のシワは無くなっています!
同じボトックスを使って、やり方を変えると辛い治療ではなく、受けて良かった治療に変わります。

 

眼瞼下垂の程度によって、効果の感じ方は人それぞれなので、絶対大丈夫とは言えません。
ですが、診察をさせていただくと ある程度の予測はお伝えできますので、額のシワにお悩みの方は、一度ご相談下さい!

 

やってよかった!と喜んでいただける治療を 常に追求していきます!!

関西初の注入治療専門クリニック TKCビューティホームクリニック