スタッフブログ

美容お役立ちBlog TKCビューティークリニックの院長がお届け!
2015/11/24

市販のたるみクリームをより効果的に!ドクターが教える「効果upのクリームの使い方」とは?

たるみが気になるときのセルフケアとして、
たるみ防止用のクリームを使用する方法があります。
たるみ用のクリームがあることを初めて知った方もいるかもしれませんが、
様々なメーカーから市販されているのですぐに手に入れることができます。
「効果があるの?」と不安かもしれませんが、
それなりに効果を得られるものですので
気になる方は試しに使ってみるのもいいでしょう。
今回はこのたるみクリームのことを、
より効果を得るためにおすすめの使い方と共にご紹介したいと思います。

 

たるみクリームとは?

たるみクリームといっても、
たるみ対策を専用としたクリームもあれば、
肌の水分を閉じ込めるための基礎化粧品
としてのクリーム(化粧水の後につけるクリーム)に
たるみケアの成分を入れたタイプのものがあります。
どちらのタイプが良い・悪いということはありませんので、
お手入れしやすいと思うクリームを準備するのがいいでしょう。
それより重要なことは、自分に必要な成分が入った、
たるみクリームを選んでおくことです。
たるみの原因には
「コラーゲンの減少」「乾燥」「筋肉の衰え」「むくみ」などがあります。
たるみクリームはそれらの原因に合わせて「コラーゲンを増やす手伝いをするもの」、
「乾燥した肌を保湿したり水分保持を助けたりするもの」、
「血行を良くしてむくみ改善を促すもの」などがあり得られる効果も違います。
もちろん「コラーゲン生成を助ける成分も、
保湿成分も入っている」というクリームもありますので、
いろいろ比べてみましょう。

 

たるみクリームの効果的な使い方
1.クリームをあたためる

クリームをすぐに塗るとひんやりと冷たいことが多いです。
これはこれで気持ちが良いのですが、
冷たい状態より温かい状態のほうがよりたるみ改善効果を得られます。
手の上にクリームをとったら手のひらの上にしばらくおき、体温で温めましょう。
浸透率が高まり、より成分をしっかりと肌内部に届けることができます。

 

たるみクリームの効果的な使い方
2.マッサージをする

たるみクリームをつけながらマッサージを行いましょう。
血行がよくなり、たるみの原因の1つであるむくみの改善につながります。
たるみ専用につくられたクリームには、
マッサージしやすいように滑りが良いものもありますので、
そういったものを使用するのがいいでしょう。
(滑りが悪く肌を傷つけてしまいそうなクリームの場合には、
無理に行わないほうが安心です)
マッサージのコツは
「下手なマッサージは逆効果?アンチエイジングのプロが教える頬のたるみに本当に
効果的なケアとは!?」でもお話ししましたように、
下から上へ、内から外へ向かってやさしく行うことです。
鼻付近から顔の外側へ斜め上方向に向かって手のひらを動かし、
耳の後ろから首筋・首筋から鎖骨・鎖骨中央から外側に向かって動かすと
顔にたまった老廃物を流すことができるでしょう。

 

いかがでしたか?どうせたるみクリームを使うのであれば、
少しでも効果が得られる方法で使用したいもの。
ぜひ今回ご紹介した方法を取り入れて効率的にたるみケアを行ってください。
ただしたるみのもっとも大きな原因は
「肌内部のコラーゲンの減少」によるところが大きいです。
紹介したようにたるみクリームにはコラーゲン生成を助ける成分を含むものもありますが、
だからといって必ずコラーゲンを増やせるというわけではありません。
どうしてもたるみ改善の限界がありますので、
若かりし頃のような重力に負けないフェイスラインを
取り戻せるかといわれれば難しい場合が多いです。
そのような場合には、
美容整形が強い味方となりますので一度当クリニックにご相談ください。
たるみクリームでケアをしていただきながら美容整形も取り入れることで、
より理想のお肌に近づけることが可能です。

 

ボトックスリフトについて詳しくはこちら

 

関西初の注入治療専門クリニック TKCビューティホームクリニック