スタッフブログ

美容お役立ちBlog TKCビューティークリニックの院長がお届け!
2020/02/12

ヒアルロン酸やボトックス注射の治療後の経過を見てみましょう。

注入で行うシワ治療やプチ整形は、治療時間の短さや治療回数の少なさ、効果の実感が早く分かりやすいのが人気の理由です。

でも注射で行う治療です。興味はあるけれど注射の痛みが気になります。そして、注射で行う治療なので注射の後の赤みや内出血など、治療後にどうなるのかが心配です。

 

人気の注入治療、ヒアルロン酸注入のやボトックス注射治療後の経過を見てみましょう!

 

 

 

目元を魅力的にしたい方に人気のヒアルロン酸注入治療のモニター写真です。

目の下に涙袋とよばれる膨らみをヒアルロン酸注入で作っています。

7-1

治療名:ヒアルロン酸(ジュビダームビスタ ボルベラ)0.4ml注入

治療費:40,000円(税別) *使用する量や種類によって料金が異なります。

方法:ボリュームアップをしたい部分に、、注射器を用いてヒアルロン酸を注入します。治療部位や目的に応じた種類のヒアルロン酸を使用いたします。

効果と持続期間:治療直後から注入による変化を目で見て実感することができ、数ヶ月から12ヶ月かけて少しずつ皮膚内で分解されて無くなり、ヒアルロン酸の減りとともに効果の実感が薄くなっていきます。

*ヒアルロン酸の種類によっては12ヶ月よりも早く分解されて無くなるものもあります。

*ヒアルロン酸注入には、注入後の内出血、紅斑、血流障害による皮膚障害などのリスクがあります。

*ヒアルロン酸注入後の内出血は必ず起こるわけではありませんが、万が一起こった場合は1~2週間で目立たなくなります。また、内出血が出来るだけ起こらない対策として、使用する針の選択・内出血の拡散を防ぐ漢方薬の処方など行っています。

*ヒアルロン酸注入による血管塞栓のリスクは、解剖学の熟知と技術熟練により回避しています。また、万が一に備えた対策(ヒアルロニダーゼやプロスタグランディンなどを常備しています)も行っております。

 

注入後は笑顔の時のような魅力のある目元になっているのが分かります。

 

ヒアルロン酸注入治療はボリュームアップが得意な治療です。治療直後から変化を目で見て実感することができるので、自分の理想に近づけることが可能です。

 

 

 

次に、ボトックス注射の治療効果を見てみましょう。

ボトックス注射で行うシワ治療は、額や眉間、目尻、鼻、顎に用います。また、シワ治療だけでなく、小顔治療や足痩せ治療、多汗症治療などにも用いています。

 

まず、額の横ジワ治療をボトックス注射で行ったモニターさんの治療症例写真です。

 

7-27-3

治療名:ボトックス注射(額) 治療費:40,500円(税別)

方法:額の横ジワを作る範囲にデザインを行い、注射器を用いてボトックスを少量ずつ筋肉に投与します。

効果と持続期間:治療2~3日後から効果が表れ始め、1~2週間後から額に横ジワを寄せる動きが制限されてきます。

効果は3~6ヶ月持続しますが、効果の感じ方など個人差があります。

*ボトックスとはボツリヌス菌という筋肉の収縮を弱める作用のある神経毒素です。アメリカのFDAの認可を受け眼性痙攣などで30年以上も使われるなど実績のある治療薬で安心して受けていただけます。また、当院で使用しているボトックス製材「ボトックスビスタ®」は国内で唯一厚生労働省の許可を受けている安全性の高いボトックスです。

*ボトックス注射後、治療部の筋肉が徐々に動かなくなるため「上瞼が重い」「額や上瞼周辺がだるい」「上瞼の見た目の重さ」などを感じることがあります。多くの場合は時間とともに慣れてきます。

*症状により、治療後の「上瞼が重い」「額や上瞼周辺がだるい」「上瞼の見た目の重さ」が大きくなると予測できる場合は、治療による動きの制限を緩める治療範囲にし、額の動きを多少残す場合や、他の治療を提案する場合があります。

*注射による針跡の赤みや内出血には個人差がありますが、多くは数日から10日前後で消失します。

 

無意識に額を動かしてしまい作られる額の横ジワがボトックス注射の後は無くなっています。効果を実感できる目安は1~2週間程度です。治療後より少しずつ額に横ジワを作る動きが弱まってきます。

 

ボトックス注射は表情ジワの治療を行いながら、将来できる可能性のある肌に刻まれるシワの予防ができるので皆さまに喜ばれています。肌に深いシワが刻まれた場合は、ボトックス注射に加えてヒアルロン酸注入などのシワ治療も同時に行っていただくと表情ジワも刻まれシワも目立たなくなります。

 

 

ボトックス注射は表情ジワの原因になっている筋肉の動きを制限するために用います。額や眉間など、目の周りの表情ジワの治療を行う際は治療後の違和感などを感じにくくするために慎重に治療を行っていますが、具体的な対策も行っていますのでご安心ください。

 

 

 

ヒアルロン酸注入やボトックス注射は注射器を用いて行う治療です。

治療後の効果が自分の理想になるか?悩みは解決されるのか?という不安に加え、治療時の痛みや治療後の内出血などの経過も心配です。顔に注射と聞くと、痛みに対するイメージや内出血が目立ったらどうしようという不安が尽きないと思います。

 

治療時の痛みや治療後の経過には個人差がありますが、麻酔クリームや冷却など痛みを緩和するための工夫も積極的に行っています。内出血への対策も具体的に行っていて、内出血ができるだけ起こらないような工夫、内出血が出てしまった場合に使うコンシーラーなどもより効果的なものを探して採用しています。

痛みが気にならない方には、麻酔クリームを用いずに治療を行います。治療時間が更に短縮されるので、時間を有効に使えると喜んでいただいています。

 

 

注入治療の種類や治療する部位、目的によって麻酔クリームの有無や治療後の経過が異なりますので、ぜひ診察にご来院ください。診察やカウンセリングで提案する治療についてのメリットやデメリット、治療後の経過や効果など分かりやすくお伝えいたします。モニター写真や体験談なども紹介します。

 

気になるシワの治療をしたいけれど、コツコツ定期的に通って美肌ケアを受ける時間がないから、注入治療はとても魅力的。でも痛みや治療後の経過が不安ですという方は多くいらっしゃいます。

TKCビューティホームクリニックはお一人お一人に寄り添った治療を行っています。治療前も治療後も、不安なことや不明なことは何でもご質問ください。ヒアルロン酸注入やボトックス注射などの注入治療専門の美容クリニックです。シワ治療やプチ整形はTKCにお任せください。

 

関西初の注入治療専門クリニック TKCビューティホームクリニック