スタッフブログ

美容お役立ちBlog TKCビューティークリニックの院長がお届け!
2019/04/12

ボトックスの小顔治療。2種類あるってご存知ですか。

ボトックス注射で行うシワ治療の認知度も高まり、シワ以外の治療でもボトックス注射が活躍していることも広く知られてきました。

その中の1つに小顔治療があります。

 

もうご存知の方もいらっしゃると思いますが、タイプ別に合わせて2種類の治療があることをご存知でしょうか?

 

有名なのは、エラの筋肉にボトックスを注射して行う小顔治療。

奥歯をギュッと噛みしめた時にエラの筋肉がモリッと盛り上がる部分に注射を行い、発達し過ぎたエラの筋肉を細くする顔痩せ治療です。

 

こちらが、エラの筋肉にボトックス注射を行って小顔になったモニター写真です。

図1

治療名:ボトックス注射(エラ) 治療費:65,000円(税別)

方法:発達した咬筋にデザインを行い、注射器を用いてボトックスを少量ずつ筋肉に投与します。

効果と持続期間:治療2~3日後から効果が表れ始め、3~4週間後から小顔効果を実感できるようになります。小顔効果は3~6ヶ月持続しますが、効果の感じ方など個人差があります。

*ボトックスとはボツリヌス菌という筋肉の収縮を弱める作用のある神経毒素です。アメリカのFDAの認可を受け眼性痙攣などで30年以上も使われるなど実績のある治療薬で安心して受けていただけます。また、当院で使用しているボトックス製材「ボトックスビスタ®」は国内で唯一厚生労働省の許可を受けている安全性の高いボトックスです。

*ボトックス注射後、治療部の筋肉が徐々に動かなくなるため「重い」「だるい」と感じることがあります。多くの場合は時間とともに慣れてきます。

 

注射から数日でボトックスの効果が始まります。筋肉に投与されたボトックスがその部分だけの動きを制限するために、無意識にギュッと噛みしめて筋肉を動かすことを止めることができるためエラの部分が痩せてきます。

動きを制限すると聞くと「表情がなくならない?」「食事はできるの?」「喋れる?」などを想像してしまいますが、そのようなことは起こりませんのでご安心ください。

ごく自然な表情、食事や会話も直後から普通に行えます。

*普段、無意識に行っている食いしばりが強い方は、ボトックス注射の小顔治療によって肩コリや目の疲れが楽になった気がすると感じる方もあるようです。

 

 

小顔効果を目で見て実感できるのは、2週間~1ヶ月くらい経過した頃です。

日々繰り返していたエラの筋肉を大きくする「筋トレ」を止めて、少しずつ自然に細くなってきますので、急激な変化もなく不自然さもありませんので、バレずに小顔治療を受けていただけます。

 

1回の注射の効果は数ヶ月から半年程度持続します。効果が切れると、ボトックス治療前に行っていた無意識に行う食いしばりが出来るようになるので、また少しずつエラの筋肉が大きくなってくる というわけです。

個人差はありますが、治療の効果を気に入った患者様には年に2~3回ボトックス注射を受けて小顔をキープすることをおすすめしています。

 

 

 

2つ目のボトックス注射で行う小顔治療は、ボトックスリフト。

前に紹介した、エラの筋肉にボトックスを投与する治療とは全く別の小顔治療になります。

 

 

ボトックスリフトの治療比較モニター写真です。

図1

治療名:ボトックスリフト 治療回数:4回  治療費:3回+1回プレゼント¥240000円(税別)

方法:たるみを感じる部分にライン上にデザインを行い、注射器を用いてボトックスを少量ずつ細かく皮膚の浅い部分に投与します。

効果と持続期間:治療直後から効果が表れ始め、1週間前後で小顔効果やリフトアップ効果を実感できるようになります。小顔効果は3~6ヶ月持続しますが、効果の感じ方など個人差があります。

*ボトックスとはボツリヌス菌という筋肉の収縮を弱める作用のある神経毒素です。アメリカのFDAの認可を受け眼性痙攣などで30年以上も使われるなど実績のある治療薬で安心して受けていただけます。また、当院で使用しているボトックス製材「ボトックスビスタ®」は国内で唯一厚生労働省の許可を受けている安全性の高いボトックスです。

*個人差がありますが、1回の治療効果が大きくありません。効果の積み重ねで希望に近づけていく治療なので、1週間ごとを目安に4回程度受けていただくことを推奨しています。

*数ヶ所以上、非常に細かく投与を行うため、投与時の痛みや治療後の跡(注射跡の赤みや内出血)の可能性が一般的なボトックス注射よりも高い治療です。

 

ボトックスリフトは引き締めることで軽度のたるみを改善するのが得意な治療なので、名前の通り軽いリフトアップ効果で小顔を実感することができます。

通常のボトックス注射とは投与する位置も違うし、ボトックスの濃度や量も違います。動きを制限するために投与するのではなく、皮膚をキュッと引き締める目的で投与していきます。

 

1回の治療である程度の効果を満足していただくこともできますが、3~4回の実施をおすすめしています。1週間くらいの感覚で3~4回受けていただくと、とても自然にキュッと顔が引き締まります。前回の効果を見ながら、目元がもう少しスッキリするといいな~ とか、もう少しフェイスラインがキュッと引き締まらないかな~ など好みを反映しやすいので、少しずつ綺麗になる自分を楽しみに通っていただくことが多い治療です。

 

単独で受けられる方もいらっしゃいますが、頬や顎の脂肪分解注射やエラのボトックス注射などを受けられて小顔になられた方が、顔痩せ後の皮膚のたるみ対策として受けられることが多い治療です。

 

顔が痩せて小顔になったけど、皮膚のたるみが気になった…では、満足度が低くなってしまいますからね。注射でできるリフトアップ治療としてボトックスリフトは人気がありますが、軽度なたるみの方に合った方法ですので、ご興味がある方は診察へお越しください。

 

 

TKCビューティホームクリニックでは、患者様お一人お一人に合った最適な小顔治療を提案しています。そして、たるみが気になる可能性があれば事前にお伝えし、たるみの解決策も併せて提案しています。綺麗になるために受ける小顔治療です!TKCビューティホームクリニックで自分に合った小顔治療を見つけてください。

関西初の注入治療専門クリニック TKCビューティホームクリニック