料金に騙されないで!安いヒアルロン酸注射には実は裏側が… - TKCビューティホームクリニック(大阪・心斎橋)

スタッフブログ

美容お役立ちBlog TKCビューティークリニックの院長がお届け!
2015/10/23

料金に騙されないで!安いヒアルロン酸注射には実は裏側が…

即効性を感じやすく、
痛みも比較的早く緩和するため、
美容に関心の高い女性から人気を集めているヒアルロン酸注射。
しかし、クリニックや皮膚科によっては、効果が期待できないばかりか、
危険な場合もあります。ヒアルロン酸注射を受ける際は、
どこで受けるのか、きちんと選ぶ必要があります。
そこで、1つの目安となるのが、ヒアルロン酸注射の料金です。
ヒアルロン酸注射の料金は、施術するクリニックや皮膚科により、
5,000円未満のところもあれば、30,000円以上のところもあります。
どのラインなら安全と一概には言えませんが、
安すぎると思われるところは避けておいた方が無難でしょう。
安いには、安いなりの理由があるからです。
今回はヒアルロン酸注射の料金について、考えてみましょう。

 

まずは基本。
ヒアルロン酸注射は「自費診療」

 ヒアルロン酸注射は、自費(自由)診療です。
自費診療は、上限なく自由に価格設定ができるため、
クリニックごとの料金に大きな違いがでてきます。
価格設定の仕方はさまざまですが、
利益率や、医師の技術の高さを考慮して設定することがほとんどです。
ヒアルロン酸注射において、医師の技術の高さは、
仕上がりに違いを生じるため、とても重要な要素の1つです。

 

ヒアルロン酸の質が違う。
安すぎるものは「希釈」している可能性も

 一言でヒアルロン酸注射といっても、
クリニックごとにヒアルロン酸の質が異なります。
例えば、厚生労働省から認可を受けている「ジュビダーム ビスタ ウルトラ」や、
FDAで認可されたQ-MED社のヒアルロン酸などは質が良いといえるでしょう。
ヒアルロン酸の質が良いほうが、効果を長期間継続させやすく、価格は高くなります。

クリニックによっては、ヒアルロン酸を水などで希釈し、
薄めたものを使用している粗悪なものも。
その場合、液体の量が増えるため料金は安く設定できますが、
質が良いわけはなく、効果もあまり期待できません。

注射の仕方が違う。場合によっては、感染症のリスクも
クリニックにより、注射器の取り扱い方が異なります。主なものに、以下の3つがあげられます。

 

1.    同じ注射器で別の方にも注射する
Aさんに使用した注射器を、Bさんにも使用する方法です。
価格は安くなりますが、安全面では不安が残ります。
中には、針さえ替えずに使用するクリニックもあるかもしれません。
その場合、Aさんのかかっている感染症に、Bさんがかかってしまう恐れがあります。

 

2.人ごとに注射器を替える
AさんとBさんで、別の注射器を使用します。
注射器に残ったAさんのヒアルロン酸を、
数カ月(期間はクリニックにより異なる)保存しておき、
中身がなくなるまでAさんに同じ注射器を使うという方法です。
「1.同じ注射器で別の方にも注射する」の方法より、
価格は高くなりますが、安全性は高まります。

 

3.毎回新しい注射器を使う
Aさんに注射した後、その日のうちに廃棄します。
訪れるたびに新品の注射器を使うため、
価格は高いですが、もっとも安心できる方法といえるでしょう。

 

いかがでしたか?ヒアルロン酸注射の料金の違いは、
医師の技術の違い、ヒアルロン酸の質の違い、
注射器の使い方の違いなど、
様々な要素により生じていることがおわかりいただけたのではないでしょうか。
料金が高ければ高いほど良いのかといえば、そういうわけではありませんが、
あまりにも料金が安い場合、
「効果が薄いばかりでなく、危険が含まれている」ことをご理解ください。
とはいえ、ヒアルロン酸は本来危険なものではありません。
信頼できるクリニックに行けば、問題が起きることはほとんどないでしょう。
心配な場合は、行こうと思っているクリニックに、使用しているヒアルロン酸や、
注射器の使い方等を訊ねてから注射するのも、1つの方法です。
「ヒアルロン酸注射をして良かった」と思えるよう、
どのクリニックを選ぶのか、しっかりとご検討くださいね。

 

ヒアルロン酸注射について詳しくはこちら

関西初の注入治療専門クリニック TKCビューティホームクリニック