最近流行の「アヒル唇」はヒアルロン酸注射が一番!あなた好みの理想の唇を手に入れませんか? - TKCビューティホームクリニック(大阪・心斎橋)

スタッフブログ

美容お役立ちBlog TKCビューティークリニックの院長がお届け!
2015/10/28

最近流行の「アヒル唇」はヒアルロン酸注射が一番!あなた好みの理想の唇を手に入れませんか?

タレントの鈴木亜美さんや広末涼子さんが火付け役となり、
かわいいと長期流行中のアヒル唇(アヒル口)。
アヒルのように突き出たぷっくりとしたふくらみと、
キュッと上向きの口角が特徴といわれる口の形です。
TwitterやInstagramにはアヒル唇をした
自撮り写真を掲載する女性をよく見かけます。
かっぱ口なども注目される中、
まだまだ人気が続いている口元といえるのではないでしょうか。
このアヒル唇、無理に口を突き出してつくるとわざとらしく見えて逆効果ということで、
「自然なアヒル唇」を求める女性が多いです。
写真を撮るときやかわいさをアピールしたいときにだけ自力でつくるのではなく、
普段からアヒルのようになっている唇です。
これを叶えてくれるのがヒアルロン酸注射。
今回は唇のお話と、唇にまつわるヒアルロン酸注射のお話をご紹介いたします。

 

唇は自力で厚くできません

アメリカの研究結果に、「唇は20代頃をピークに、
徐々に厚みを失っていく」というものがあります。
厚みのある唇は、女性的な魅力を感じられるばかりでなく、
若々しさを象徴するともいえそうです。
しかし人の目や鼻がそれぞれ違うように、唇もそれぞれに違っています。
それは遺伝的な要因が大きく、もっと厚みが欲しいなどと思っても
自力では難しい部位といえます。

 

ヒアルロン酸でぷっくり唇に

 ヒアルロン酸を注入するとやわらかく自然な厚みができ、
より魅力的な口元に近づけることが可能です。
ただし普通に注入してしまうとただ厚みがでるだけですので、
アヒル唇を目指す場合には少し工夫が必要です。
アヒル唇は、口角が上がっているのが特徴と言われていますが、
実際には口角の上がり方よりも、口角より少し内側の下がり方が
ポイントとなることが多いです。
そこでその部分を意識しながらヒアルロン酸を注入していくと、
理想のアヒル唇に近づけます。

 

口角を上げて魅力的に

 もともと口角が下がり気味の方は、上向きに改善することで
より魅力的なアヒル唇を目指せる場合があります。
上向きの唇もヒアルロン酸などで対応できます。
口元がくぼんでいるため下がって見えるという場合は、
ヒアルロン酸で膨らみを与え口角を上げます。
またボトックス注射を用い、口元を下へ下げようとする筋肉の働きを
抑えることでも対応できます。
自分にはどちらがいいのか知りたい場合には
ご相談いただければアドバイスいたします。

 

アヒル唇のメリット

 ヒアルロン酸で唇が膨らむと、
その分唇のしわが目立たなくなり若々しさを感じられます。
また常に口角が上がっているように見えるため、
通常の表情をしていても、場合によっては怒っている時でさえ
魅力的に見せることができるでしょう。

 

 

唇にヒアルロン酸を注入する施術は
「アヒル唇にしたい」「唇に厚みを持たせたい」という方以外にも、
「唇のしわを目立たないようにしたい」「唇の形を整えたい」など、
様々な方の希望を叶えます。
施術はわずか3~10分で終了する簡単なものなので時間的負担もありません。
なかなか施術のために長時間スケジュールをあけられないという方も
すきま時間で行うことができるでしょう。
「もし理想どおりいかなかったら…」と不安な方も
いらっしゃると思いますが、ご安心ください。
当クリニックでは、お顔はお客様にとって大切なものであるということを念頭に、
慎重にカウンセリングを行い施術させていただいております。
また、万が一気に入らなければヒアルロン酸を溶かすための
注射のご用意もあります。元の状態に戻すことが可能ですのでご安心ください。
ご希望があればお伺いいたしますので、いつでもご来店ください。

 

ヒアルロン酸注射について詳しくはこちら

関西初の注入治療専門クリニック TKCビューティホームクリニック