絶対消したいほうれい線!消すには化粧品、マッサージ、整形…一番良い消し方とは? - TKCビューティホームクリニック(大阪・心斎橋)

スタッフブログ

美容お役立ちBlog TKCビューティークリニックの院長がお届け!
2015/10/28

絶対消したいほうれい線!消すには化粧品、マッサージ、整形…一番良い消し方とは?

化粧品、マッサージ、整形…。
ほうれい線でお悩みの女性の中には、
様々な努力を行ってきたという方も多くいらっしゃるでしょう。
また、最近ほうれい線が気になってきたばかりの人の中には、
何をすれば一番効果的なのか悩んでいらっしゃる方も多いと思います。
どの方法にもそれぞれメリットがありますので、
一概にはいえませんが、違いを知ることで自分にあったケアをすることが
できるようになるでしょう。
そこで今回はほうれい線の消し方における、
化粧品・マッサージ・整形3つの違いをご紹介したいと思います。

 

ほうれい線を隠し、きれいに見せる化粧品

化粧品の場合はほうれい線を隠すことで目立ちにくくしてくれます。
「外出時にキレイに見せたい」「今だけでもほうれい線を薄くしたい」と
いうときには簡単にカバーしてくれるため女性には手放せないアイテムです。
しかし実際にはほうれい線がなくなるわけでも
薄くなっているわけでもないので、根本的な解決にはならないでしょう。
「化粧水」などの基礎化粧品は肌に潤いを与えてくれます。
一般的に角質層まで届きキメを整えてくれるものがほとんどですので、
肌表面の乾燥が改善されほうれい線を薄くすることが可能です。
ただし真皮のヒアルロン酸やコラーゲン量が
変わるわけではありませんから、
つけた化粧水が乾燥すれば元の見た目に戻ります。

 

むくみをケアしてほうれい線をケアするマッサージ

むくんで頬がたるんでくるとほうれい線が深く濃く見える原因になります。
ほうれい線のケアにみられるマッサージは、
血行を良くすることでむくみをとるものがほとんどです。
むくんで重くなった頬がたるみやすくなるのをケアすることで、
ほうれい線を薄くします。
特にデスクワークが多くむくみがたまりやすい女性に有効といえそうです。
ほかにも、ほうれい線を内側から伸ばすことで
薄くするマッサージなどもありますが、効果は一時的なもので、
すぐに元に戻ってしまうと考えたほうがいいでしょう。
※肌のマッサージを行う場合は、
クリーム等を塗り滑りを良くして行いましょう。
また、力をいれすぎないようにやさしく行いましょう。

 

真皮層のコラーゲン量を増やす美容整形

整形美容とひとことでいってもいろいろありますが、
当クリニックが行う注入治療の場合は、
真皮層にヒアルロン酸や美容成分を注入していきます。
肌を支える真皮のコラーゲン量等を増やし、
ハリのある肌へ導きたるみを改善。
内側からきれいを目指していく方法です。
残念ながら永続的な効果はありませんが、
一度施術を行うと数カ月(施術方法により異なります)は
その状態を維持できます。
他にも整形にはたるんだ皮膚を持ち上げたり切除したりすることで、
ほうれい線を薄くする方法もあります。
いずれにせよ整形の場合は、ほうれい線の原因となっている
根本的な部分を改善する方法といえます。

 

 

いかがでしたか?化粧品、マッサージ、整形ともに様々なものがあるため、
一概に「これを選べば絶対」とはいえません。
しかし「ほうれい線をしっかり消したい!」というとき、
真皮のコラーゲンや頬のたるみを直接改善する整形が、
一般的には一番対応力があるといえます。
ただ覚えておいてほしいのは、化粧品やマッサージと、
整形はまったく別物ということです。
化粧やマッサージは日頃のケアとして行うもので、
整形は根本的な改善(ただし永続効果はありません)を行います。
整形でほうれい線を消したとしても、
日頃のお手入れを怠るとほうれい線ができやすい環境を
つくることになるということです。
化粧品(特に化粧水などの基礎化粧品)やマッサージは
毎日の習慣にしておくとよいでしょう。
どちらも的確に行い、ぜひほうれい線のない美しい顔を持続してください。

 

ヒアルロン酸注射について詳しくはこちら

関西初の注入治療専門クリニック TKCビューティホームクリニック