高濃度ヒアルロン酸「クレヴィエル」が適している注入部位とは??美容皮膚科ドクターが解説! - TKCビューティホームクリニック(大阪・心斎橋)

スタッフブログ

美容お役立ちBlog TKCビューティークリニックの院長がお届け!
2016/02/08

高濃度ヒアルロン酸「クレヴィエル」が適している注入部位とは??美容皮膚科ドクターが解説!

美容に興味をお持ちの方であれば、「クレヴィエル」という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。
ヒアルロン酸注射などに用いられる高濃度ヒアルロン酸で、溶けにくく長持ちするのが特長です。
施術をするなら、長持ちするほうがいいというのは誰もが希望されること。
「注入するならクレヴィエルがいい」と思う方も多いことでしょう。
しかし注入する部位によっては必ずしもクレヴィエルが適しているとは限らないのが実情です。
今回はクレヴィエルの説明と共に、クレヴィエルが適している注入部位についてご紹介したいと思います。

 

高濃度ヒアルロン酸「クレヴィエル」とは

クレヴィエルは、ヒアルロン酸濃度が最も高いヒアルロン酸で、
同量の液体の中に従来のヒアルロン酸の約2倍量のヒアルロン酸が含まれています。
濃度が高い分、粘度が高く溶け出しにくいため長持ち。個人差もありますが1年以上の持続を期待できます。
形崩れがおこりにくいため、思い通りのラインを継続しやすいです。
また特殊技術により架橋剤を最低限の使用にとどめているため、
副作用を起こす可能性が低くより安心してご使用いただけるという特長もあります。

 

鼻やアゴに。クレヴィエルが適している部位

クレヴィエルは、下記のような部位に適したヒアルロン酸です。

 

・鼻
「鼻を高くしたい」というときには、ヒアルロン酸を注入することで高さを増し、
理想の鼻に近づけることができます。
従来のヒアルロン酸では、体内の水分を吸収して膨張し、
鼻の幅まで太くなってしまうということがありましたが、クレヴィエルを用いると、
太くならずに高さのみを出すことが可能です。

 

・アゴ
「アゴが短い」「アゴをシャープにしたい」という方も、
ヒアルロン酸を注入することでスッとした美しいラインを手に入れることが可能です。
クレヴィエルなら従来のヒアルロン酸よりかたく、自然なアゴを形づくることができます。

 

クレヴィエルは、鼻やアゴのようにかための部位にいれると、
触り心地もやわらかすぎず本物により近い感じに仕上がります。
ただし、額に入れるとボコッと盛り上がり不自然に見えるため不向きです。
また頬のようなやわらかい部位も避けましょう。

 

クレヴィエル利用者様のお声

実際に鼻やアゴにクレヴィエルを注入した方のお声をご紹介いたします。

 

・思ったほど痛くありませんでした
気になっていたアゴのラインが改善し、特に横から見た時に自信が持てるようになりました。
気になっていたあごのしわも消え、大満足です。
施術の時の痛みは思ったほどなく、切れたらまたやりたいなと思っています。

 

・満足しています
以前、別のヒアルロン酸を入れていた時は、感覚的に急に低くなってきた・・・と思うようなことがあり、
不安にかられては施術を繰り返していました。
でもクレヴィエルを試してみると、時間の経過とともに徐々に低くなってはきますが、
ある日突然・・・といった感覚がなくなり気持ち的にラクになりました。
仕上がりもとても自然で満足しています。

 

クレヴィエルについてご紹介してきましたがいかがでしたか?
高濃度ヒアルロン酸と聞くと試したくなるかもしれませんが、どうしても部位によって向き不向きがでてきます。
ご希望の施術内容により、様々なヒアルロン酸を使い分けて
より自然で理想的なフェイスラインを手に入れてください。
当クリニックでは、クレヴィエルを含め9種のヒアルロン酸をご用意しております。
「額のしわをどうにかしたい」「額にまるみを持たせたい」「こめかみのへこみを改善したい」
「頬のこけをふっくらさせたい」「ほうれい線を消したい」など、
ご希望に合わせて適切なものを使用させていただくことが可能ですので、
「ヒアルロン酸注入を考えているという方は、ぜひ一度ご相談ください。

関西初の注入治療専門クリニック TKCビューティホームクリニック