【都市伝説?】顔のたるみに効く食事方法が本当にあった!?ドクターが解説します - TKCビューティホームクリニック(大阪・心斎橋)

スタッフブログ

美容お役立ちBlog TKCビューティークリニックの院長がお届け!
2016/01/29

【都市伝説?】顔のたるみに効く食事方法が本当にあった!?ドクターが解説します

「顔のたるみが気になる」
「頬がたるんできたせいか、最近ほうれい線が濃くなったかも・・・」といった
悩みをお抱えの方はいらっしゃいませんか?
そんな方に実践していただきたいのが、食事によるたるみ改善方法です。
体は食事から得た栄養分によってつくられます。
もし普段の食事に、健やかなお肌のために必要な成分が不足していた場合、
どうしてもたるみやシワといった問題が深刻になってきます。
そこで今回は顔のたるみで悩む方におすすめの食事方法をご紹介いたします。

 

本当に食事で顔のたるみは改善する?

食事を改善することは顔のたるみに有効です。
ただし、「◎◎を食べれば絶対にキレイになれる」
「△△を食べ続けていれば必ず若々しい容姿をキープできる」という意味ではありません。
すでに足りている成分をいくら補ったとしても改善は見込めませんし、
たとえたるみ改善のために摂取した成分であったとしても、
すべてがその目的のために使われるとは限らないからです。

 

たるみ改善に効果的な食事とは?

たるみの原因には、コラーゲンやヒアルロン酸の不足があげられる他、
乾燥、むくみなどが原因となることもあります。
それらを補える食品を食事に加えることで、むくみ改善を目指しましょう。

 

<コラーゲンが豊富に含まれる食品>
一般的に動物の皮や筋、骨、腱などにコラーゲンは多く含まれています。
コラーゲンは大変繊維がかたく消化吸収率が悪いため、
そのままではなかなか効果を得られません。
そこでしっかり加熱することで繊維を分解してから食べることをおすすめします。
コラーゲンを効率的に摂取できるだけではなく、柔らかくなりおいしく食べることができます。

 

・牛すじ
牛すじとは牛の腱のことです。
硬いだけではなく多少の臭みもあるため、じっくり煮込む調理法がおすすめです。
冬になるとおでんが恋しくなる方も多いと思いますが、
そんなときは牛すじも忘れずに煮込んでおきましょう。

 

・鶏肉の皮
こちらもコラーゲンが多く含まれています。
焼き鳥にしたり、皮だけで両面をじっくり弱火で焼いて
パリッと仕上げたりして食べるといいでしょう。

 

<保湿成分が豊富に含まれる食品>
肌の保湿力を高めることで、乾燥によるむくみの改善を心がけましょう。

 

・納豆
高い保湿力があるといわれている納豆。
水分の蒸発を防ぐばかりか、角質の水分量のアップも見込めます。

 

・サーモン
サーモンには注目の成分オメガ3脂肪酸が含まれています。
オメガ3脂肪酸には保湿効果があるため、細胞内の水分が減少しにくくなります。

 

<むくみ改善に役立つ食品>
むくみの改善のためには、体内にたまった余分な水分を排出する必要があります。
また、体内で水分がたまってしまう原因である「塩分」量を減らすことも重要です。

 

・スイカ、きゅうり
塩分を尿と一緒に排泄してくれるカリウムが、スイカには豊富にふくまれています。
また、他にも様々な栄養素を持っているため、
むくみが気になる方にスイカはおすすめです。
ただ年中手に入れられるかというと少し難しい食品。
そんなときは同じウリ科のきゅうりも効果的です。
栄養素ではスイカにかないませんが、カリウムは摂取できます。

 

・海藻類
同じくカリウムが豊富で利尿作用があります。
海藻類にはワカメ、昆布、ひじきなど様々な種類があり、
献立に加えやすいのではないでしょうか。

 

いかがでしたか?今回いくつかの食品を紹介しましたが、
これを食べていれば大丈夫という訳ではありません。
たとえば「栄養の不足」が直接の原因ではなく「栄養は充分摂取しているけれど、
分解するための食品が十分摂取できていなかった」といった原因も考えられるでしょう。
そのため、基本は栄養をバランス良く摂取する。
その上で、気になる栄養源は気を付けて摂っていくということが大切です。
むくみが気になる方はぜひ、食生活の見直しをしてみてくださいね。
ただし、すでに頬が大きくたるんでしまっている場合は、
食事のみで元の状態まで改善することは難しいです。
そういった方はぜひ、美容整形の力を利用する事もお考えになってみてください。

関西初の注入治療専門クリニック TKCビューティホームクリニック