スタッフブログ

美容お役立ちBlog TKCビューティークリニックの院長がお届け!
2015/12/24

しわ対策の化粧品って本当に効果あるの?美容皮膚科の先生が選ぶ化粧品の見極め方とは

「シワを薄くしたい」「肌を白く保ちたい」「もっちりした肌触りを目指したい」
「すこしでも若々しい肌をキープし続けたい」・・・化粧品、
特に基礎化粧品に求める美容効果は大きいと思います。
それだけに、どんな化粧品を選べば自分の肌に一番いいのかと迷ってしまうことでしょう。
どれを選べばいいかは人により異なっていて、「シワが気になる方はシワ対策ができる化粧品を」
「くすみが気になる方は美白を目指せる化粧品を」選ぶことが大切です。
今回は一番悩んでいる方が多いと思われるシワへの
対策におすすめの化粧品の見極め方をご紹介いたします。

 

パッケージに注目!判断基準は配合成分です

きれいな肌のタレントさんがでている化粧品のCMを見たり、
パッケージに書かれているうたい文句を読んだりして、
その化粧品に興味を持ってしまうこともあるでしょう。
しかしやはり大切なのは「成分」です。
購入前にパッケージを必ず確認し、シワに有効な成分を含む化粧品を選びましょう。
ただしパッケージにシワに有効な成分が記載されていたからといって、
必ずしも効果的といえるわけではありません。
「シワ対策に有効な成分が何番目に記載されているかをチェックする」ようにしましょう。
化粧品の配合成分は、基本的に配合量が多い順に記載されています。
そのため、シワに効果的な成分が前のほうに載っていれば
載っているほどシワに有効であるといえます。

 

シワ対策に有効といえる成分は?

化粧品の成分を実際に見たことのある方は分かると思いますが、
普通に生活しているだけではなかなかなじみのない成分名が多いです。
どの成分がシワに有効か分かりにくくて困るかも知れません。
そこで特におすすめの成分名をいくつか紹介いたします。

 

・セラミド
肌表面にできてしまう細かいシワは、乾燥が原因のことがほとんどです。
そのため肌をしっかり保湿することがシワ対策には不可欠です。
肌は刺激物をブロックするために2つのバリア機能を持っていますが、
そのうちの1つ「細胞間皮質」の40~65%を占める成分がセラミド。
水分を保持する役割をもった保湿成分で、肌を守るために重要な働きをしています。
もともと体にある成分のため、肌にやさしい成分ともいえます。

 

・ビタミンC誘導体
ビタミンCは、増えすぎると老化の原因となる「活性酸素」を除去する作用を持つ他、
コラーゲンやエラスチン(コラーゲン同士を結び付ける働きを持つ)の生成促進作用があります。
そのためビタミンCを補うことでお肌のシワを薄くする効果が期待できます。
しかしビタミンCは壊れやすくせっかく化粧品に配合しても効果を
得られにくいという欠点がありました。
そこでできたのがビタミンC誘導体です。
ビタミンCを壊れにくいように改良したものと考えればよいでしょう。

 

他に、アスタキサンチンやポリフェノールといったエイジングケア成分や、
レチノールなどもシワに有効な成分です。
こういった成分を多数含む化粧品は「シワ対策」を意識してつくられた化粧品ですので、
良いと思うものがあれば試しに使ってみてもいいのではないでしょうか。
使い心地や香りなど、合う合わないもあると思いますので、
そうやって繰り返しながら気持ち良く使える化粧品を見つけてみてください。
ただし化粧品だけではすべてのシワをきれいにすることはできません。
化粧品では改善が難しい深いシワをなんとかしたいと思う場合は、
美容整形を考えてみるのも1つの方法です。
「ヒアルロン酸注射」など、注入するだけでシワ改善を見込める簡単な方法もありますので、
気になる方はお気軽に当クリニックにご相談ください。
気になるシワの改善をサポートいたします。

 

ヒアルロン酸注射について詳しくはこちら

関西初の注入治療専門クリニック TKCビューティホームクリニック