糸を使った鼻のプチ整形。鼻先の悩みにもいいんです! - TKCビューティホームクリニック(大阪・心斎橋)

スタッフブログ

美容お役立ちBlog TKCビューティークリニックの院長がお届け!
2018/10/26

糸を使った鼻のプチ整形。鼻先の悩みにもいいんです!

人気のプチ整形、鼻。

高さや鼻筋、鼻先などの悩みをお持ちの方が、手術と違って気軽に受けれると根強い人気のプチ整形です。

 

以前は、鼻を高くするプチ整形と言えば「ヒアルロン酸注入」でしたが、今は糸を使って治療を行います。

 

糸を使ったGメッシュという治療で鼻筋を高く美しくしたモニター写真です。

 

スタッフ Gメッシュ治療比較1編集済み

治療直後の写真ですが、目立つ腫れや内出血などもなく、ヒアルロン酸注入で鼻を高くする時と同じようにダウンタイムの少ない鼻のプチ整形です。

 

鼻先にホクロのような点がありますが、これが治療後の針跡です。

鼻筋にGメッシュという鼻専用の糸を挿入することで、シュッと高さをだすことができます。Gメッシュ以外にもY-ko(ワイコ)などもありますので、適した糸を挿入し希望の鼻に近づけていきます。

 

 

ヒアルロン酸注入の鼻のプチ整形よりも、しっかりとした鼻筋にすることが可能です。外科的な手術・プロテーゼの挿入で行う隆鼻術のように大胆な高さは出せませんが、自然な感じにしっかりと高さの変化があるということで、患者様からの人気も高まってきています。

 

糸を使った鼻のプチ整形は、鼻先の大きさや高さに悩まれている方には特に喜んでいただいています。

 

鼻先へのヒアルロン酸注入はリスクが伴います。もしも注入時にヒアルロン酸が血管に入ってしまうと、血管が詰まってしまいます。血管が詰まれば血液が通らなくなりますので、炎症が起こったりします。最悪の場合、目に影響する場合もあります。

もちろん、そのリスクを回避するたの知識と技術を備えていますが、鼻先へのヒアルロン酸注入はリスクが高くなりやすい部位です。

また、鼻先は鼻根部(目と目の間の鼻の付け根部分)に比べると、高さが出しにくい部位です。鼻を高くするプチ整形で用いるヒアルロン酸は硬さのある種類を用いますが、硬いとはい固形物ではありませんので、ヒアルロン酸でしっかりした高さを出すには限界があり、ご状態やご希望によっては高い満足度が得られにくい可能性があります。

 

そのため、今まで鼻先の高さや大きさに悩んでいた患者さまには、糸を使ったプチ整形はとても好評で喜んでいただいています。

 

 

治療後の内出血や針跡の赤みなどもヒアルロン酸注入時と大きな違いはありません。治療時の痛みはヒアルロン酸注入よりも感じる可能性がありますので、注射で局所麻酔を行って痛みを緩和させます。

治療に伴う痛みやダウンタイムが少ないとはいえ、ゼロではありませんので治療を行う前にしっかりとリスクもお伝えしています。

 

患者様それぞれに不安に思われること、気になることは違いますので、TKCビューティホームクリニックはお一人お一人に丁寧に説明して治療に関するメリットやデメリットをご理解いただけるように努めています。

 

 

TKCビューティホームクリニックは、少ないリスクで満足度の高い治療を受けていただきたいと思っています。

治療の安全性、技術、知識、アフターケアなど 患者様お一人お一人が喜んでいただける治療だからこそ、気軽に受けていただけるプチ整形になります。

プチ整形と呼ばれる治療が全て気軽に受けれるわけではありません。

気軽に受けていただけるように、治療を提供するクリニックが安全性を追求しているか、治療説明を事前にしっかりお伝えできているか、適応を判断できる経験があるか、患者様に寄り添った治療ができているかだと思っています。もちろん、ヒアルロン酸注入の技術と知識が備わっていて治療実績が豊富であることも大切です。

 

 

TKCビューティホームクリニックは、得意の注入治療で気軽に受けていただけるプチ整形を提供しています。

 

糸を使った鼻のプチ整形にも種類があります。

診察でお顔を拝見させていただいて、ご希望に一番合ったプチ整形を提案させていただいています。

 

鼻の高さや、鼻筋、鼻先のお悩みは、TKCビューティホームクリニックにご相談ください。一番適した鼻のプチ整形の提案をさせていただきます。

 

関西初の注入治療専門クリニック TKCビューティホームクリニック