ヒアルロン酸 - TKCビューティホームクリニック(大阪・心斎橋)

スタッフブログ


NEW 新着記事

あごヒアルロン酸②

術前             術後

施術説明

日本人はあごが小さい人が多いです。 下あごの骨格自体が小さい人が多いのと、年齢を重ねるうちに骨が小さくなっていくので、年配の方はあごが小さいことが多いのです。 若い人は、Eラインを気にしているので、あごに対する意識が高くて、あごのヒアルロン酸の注入希望が多い印象です。 あごのヒアルロン酸で、お顔の印象がずいぶん変わります。 若い人はVラインのフェイスラインになり、すっきりしたシャープな印象になります。 年配の方なら、若々しい印象になります。 麻酔クリームを塗った後、ヒアルロン酸注入を行います。かみ合わせが悪く下あごがずれている、あごの筋肉の付き方に左右差がある、噛み癖で片方のあごのほうがサイズが大きくなっているなど、あごの形もさまざまなので、できるだけ正中のラインにあごの先を作るように努めます。静止時の状態だけでなく、笑った時の状態も見て、どの位置にどれくらい入れるかを判断しています。

(詳しくはこちら)

リフトアップヒアルロン酸

術前             術後

施術説明

お顔の老化は皮膚、骨、筋肉、皮下組織が立体的に変化することで起こります。 年齢により骨の損失・後退が進み、骨格が萎縮します。それにより、骨を土台とする皮膚や皮下組織(脂肪など)も同時に下垂し肌のデコボコ感が生じるのです。 ヒアルロン酸で萎縮した骨に代わる土台を作り、下垂した皮下組織を引き上げることで、目の下、頬、口元、フェイスラインのたるみを引き上げ、フェイスラインのもたつき、フェイスラインのガタガタしたラインをシャープに整えます。 また、頬やこめかみ、口元などの脂肪や筋肉が萎縮しボリュームロスが起きている部分に骨膜上の深い部分にヒアルロン酸を注入し、奥から盛り上げる注入法で自然なボリュームアップをはかり、若々しい印象を与えます。

(詳しくはこちら)

顎ヒアルロン酸

術前             術後

施術説明

日本人はあごが小さい人が多いです。 下あごの骨格自体が小さい人が多いのと、年齢を重ねるうちに骨が小さくなっていくので、年配の方はあごが小さいことが多いのです。 若い人は、Eラインを気にしているので、あごに対する意識が高くて、あごのヒアルロン酸の注入希望が多い印象です。 あごのヒアルロン酸で、お顔の印象がずいぶん変わります。 若い人はVラインのフェイスラインになり、すっきりしたシャープな印象になります。 年配の方なら、若々しい印象になります。 麻酔クリームを塗った後、ヒアルロン酸注入を行います。かみ合わせが悪く下あごがずれている、あごの筋肉の付き方に左右差がある、噛み癖で片方のあごのほうがサイズが大きくなっているなど、あごの形もさまざまなので、できるだけ正中のラインにあごの先を作るように努めます。静止時の状態だけでなく、笑った時の状態も見て、どの位置にどれくらい入れるかを判断しています。

(詳しくはこちら)

涙袋ヒアルロン酸

術前             術後

施術説明

アラガン社のヒアルロン酸 ジュビダームボルベラは、涙袋や唇の形成に向いています。なじみが良く、浅い層に入れてもダマにならずきれいな仕上がりにあるという触れ込み。麻酔薬が混じっていることと、なめらかに注入できて刺激が少ないからかもしれませんが、痛みが少ないようで使いやすい印象を持ちました。 同じアラガン社の製品でボリフトという製剤があるのですが、これも浅い層に注入するタイプですが、さすがに35ゲージの針は通らない。ボリフトよりさらになめらかで、細い針でも通るのがボルベラです。ヴィタールより少し硬めで、涙袋の立ち上がりが綺麗に出て、くっきりとした形が作りやすいです。 麻酔クリームを塗ったあと、ヒアルロン酸注入を行います。お顔立ちによって、不自然な形や大きさにならないように注意しながら少しずつ注入します。

(詳しくはこちら)

唇ヒアルロン酸

術前             術後

施術説明

アラガン社のヒアルロン酸 ジュビダームボルベラは、涙袋や唇の形成に向いています。なじみが良く、浅い層に入れてもダマにならずきれいな仕上がりにあるという触れ込み。麻酔薬が混じっていることと、なめらかに注入できて刺激が少ないからかもしれませんが、痛みが少ないようで使いやすい印象を持ちました。 ぷるん、と可愛い唇になったと思います。 今回は、グロスをつけてないときとつけたとき、の違いぐらいをイメージした注入にしました。麻酔クリームを塗ったあと、ヒアルロン酸注入を行います。お顔立ちを見ながら、ご希望に合わせて、自然にくっきりさせてつややかな唇になるよう注入をします。年配の方は、唇が痩せてきて輪郭がぼやけてくることが多いのですが、それを10年前の唇に戻すというイメージで注入できるのがボルベラのよいところです。

(詳しくはこちら)

唇ヒアルロン酸

術前             術後

施術説明

アラガン社のヒアルロン酸 ジュビダームボルベラは、涙袋や唇の形成に向いています。なじみが良く、浅い層に入れてもダマにならずきれいな仕上がりにあるという触れ込み。麻酔薬が混じっていることと、なめらかに注入できて刺激が少ないからかもしれませんが、痛みが少ないようで使いやすい印象を持ちました。 ぷるん、と可愛い唇になったと思います。 今回は、グロスをつけてないときとつけたとき、の違いぐらいをイメージした注入にしました。麻酔クリームを塗ったあと、ヒアルロン酸注入を行います。お顔立ちを見ながら、ご希望に合わせて、自然にくっきりさせてつややかな唇になるよう注入をします。年配の方は、唇が痩せてきて輪郭がぼやけてくることが多いのですが、それを10年前の唇に戻すというイメージで注入できるのがボルベラのよいところです。

(詳しくはこちら)
関西初の注入治療専門クリニック TKCビューティホームクリニック