最先端の美容医療! - TKCビューティホームクリニック(大阪・心斎橋)

スタッフブログ

美容お役立ちBlog TKCビューティークリニックの院長がお届け!
2017/07/26

最先端の美容医療!

根強い人気を誇る再生医療「PRP療法(多血小板血漿)
新しい再生療法もありますが、PRP療法(自己多血小板血漿)は自分の血液を使って行う治療ということで、人気の再生医療です。

 

 

TKCビューティホームクリニックのPRP療法(多血小板血漿)はとてもシンプル。

この治療の最も得意とする 自分の肌の自然治癒力を高めて美肌に導くための治療です。
弾力のあるハリのある肌、小じわが目立たなくなる、キメが整う、肌トラブルが起こりにくくなる このような効果を喜んでいただいています。
PRPキメ比較

 

こちらのモニターさんは、PRP療法(多血小板血漿)で肌のキメが整い柔らかい健康な肌に変化しています。

 

 

PRP療法(多血小板血漿)は、去年から再生医療等の安全性の確保等に関する法律が施行されたことにより、治療内容の詳細を計画書に記して専門機関の意見を聞き、厚生局に届出をして受理されなければ実施できない治療となりました。

テレビなどでよく耳にするips細胞も再生医療です。再生医療にも種類があり、第一種・第二種・第三種とわかれています。
美肌目的で行われているPRP療法(多血小板血漿)は第三種です。
お肌の健康回復目的で行う再生医療のほかに、大学病院で行われているような治療や、癌治療、関節治療など、いろいろな医療現場で再生医療が活躍しています。そして、再生医療はすべて届出が必要な治療になりました。

 

届出を出した後も、定期的に年に1~2回の報告が義務付けられていますので、治療を提供するのが難しくなる医療機関もあります。実際、美肌治療のメニューからPRP療法を削除されたクリニックも多くあるようです。

 

TKCビューティホームクリニックでは、もちろん届出も定期的な報告もきっちり行っています。美肌目的のPRP療法(多血小板血漿)はとても安全な医療です。特にTKCのように、自然治癒力を高めるためだけが目的のPRPは、考えられるデメリットも、注射による内出血や痛み、針跡の赤みのみ。重篤なリスクは予想できませんが、今後絶対に起こらないとも断言できないのかもしれませんし、今後もっと素晴らしい治療に発展するため など、未来の美容医療の発展のために必要な届出だと思っていますので、まじめに届出はしています。
※無届出の治療はできません。見つかり次第、業務停止となります。

 

先日、数ヶ所の医療機関が無届出で再生医療を行っていたとして業務停止になったとニュースになっていました。
新しい法律のため、届出が必要な再生医療の線引きが難しいく、届出が必要なのか不要なのかの判断がクリニックサイドではとても難しいのだと思います。

 

少しでもよりよい治療を患者さまに提供したい!と思って、新しい方法や薬剤を選び採用していますが、まじめに治療を行っていても このようなニュースになってしまうと不安の材料になってしまいます。

 

TKCビューティホームクリニックは、治療に必要な情報にもしっかりアンテナを張って、皆さまに不安を与えないように!気を配っています。
そして、将来の美容医療がもっともっと素晴らしい医療に発展するための情報発信も惜しみなく行っていきます。

関西初の注入治療専門クリニック TKCビューティホームクリニック